特急「あずさ」のヘッドマーク弁当が登場 沿線の駅弁屋が献立を監修

JR東日本リテールネットが「特急列車ヘッドマーク弁当」の「あずさ」を発売します。「ひばり」「あさま」に続く第3弾です。

容器はランチボックスとして繰り返し使える

 駅の売店「KIOSK」などを運営するJR東日本リテールネットが2017年12月15日(金)、「特急列車ヘッドマーク弁当」の第3弾「あずさ」を発売します。

「特急列車ヘッドマーク弁当」は、在来線の特急列車をテーマに、沿線の店が献立を監修・製造するもの。容器はランチボックスとして繰り返し使える密閉性の高いスケーター社の「4点ロックランチボックス」が採用されています。7月に第1弾の「ひばり」、8月に第2弾の「あさま」が発売されました。

171211 headmark 01
「特急列車ヘッドマーク弁当」の第3弾「あずさ」のイメージ(画像:JR東日本リテールネット)。

「あずさ」の監修元は、中央本線・小淵沢駅(山梨県北杜市)にある駅弁屋「丸政」。甲州ワイン仕込みの炭火焼き牛肉をはじめ、秘伝のたれを使った牛ひき肉煮、信州名物の野沢菜、甲州小梅、子持ちきくらげで仕上げられています。

 価格は2160円(税込)。東京駅、品川駅、上野駅、大宮駅、蒲田駅にある弁当専門店「膳まい」と、新宿駅の「NewDays」新宿南口中央店、新宿南口店および「NewDays KIOSK」新宿9番線ホーム北店、甲府駅の「NewDays」などで販売されます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171211 headmark 02
  • Thumbnail 171211 headmark 03
  • Thumbnail 171211 headmark 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 小田急みたいに列車内でワゴン販売しないんだろうか。あと、価格をもう少し常識的なものにして欲しいです(ちなみにVSE弁当は1080円でした)。

    • 容器代なんでしょうね。使い回し(手弁当用途)が出来るしっかりしたものということで。
      「あずさ」担当が丸政さんというのは順当ですね。中央東線の駅弁の代名詞みたいなもんですから。実際、ここの駅弁は美味しいと思います。