JR大阪環状線でクリスマス仕様列車が運行中 323系電車デビュー1周年

まもなくデビュー1周年を迎える大阪環状線新型車両323系。その1編成が、期間限定のクリスマス仕様で運行しています。

LED種別表示幕でクリスマスツリーが点灯

 JR西日本が、2017年12月25日(月)まで、大阪環状線・桜島線(JRゆめ咲線)の新型車両323系のうち1編成をクリスマス仕様にして運行しています。車内吊りポスターとLED種別表示幕がクリスマス仕様です。

 この列車の運行日や時刻は、「偶然出会うサプライズ電車としてお楽しみいただくため」(JR西日本)に非公表です。車両点検などの都合により、運行しない日や時間帯もあります。

Large 171218 jrw323 01
通常のものとクリスマス仕様が交互に表示される、LED種別表示幕(画像:JR西日本)。

 大阪環状線・桜島線で323系電車が営業を開始したのは2016年12月24日のこと。デビューから1周年を迎える今年の12月24日(日)には、大阪環状線5駅で子ども向けのイベントが開催されます。内容は「ICOCA」のキャラクター「イコちゃん」との写真撮影、駅の掃除体験、ハンドベルコンサートなどです。

・日時:12月24日(日)10:00~12:00、13:00~16:00
・場所:天王寺駅、森ノ宮駅、京橋駅、弁天町駅、新今宮駅

 これらの取り組みは、JR西日本グループが2013年度から行っている「大阪環状線改造プロジェクト」の一環です。JR西日本は、クリスマス仕様の323系運行の目的について、「これを機に、日頃ご利用のお客様へ感謝をお伝えするとともに、“大阪の新しい足”として走り始めた323系へさらに親しみを深めていいただくため」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171218 jrw323 02
  • Thumbnail 171218 jrw323 01

関連記事

最新記事

コメント