タブー打破した「黄色いホイール」なぜ誕生? ヤマハ「MT」、車両色コンテストでバイク初の王冠

ヤマハのバイク「MT」シリーズが、車両のカラーデザインコンテストで2輪車として初のグランプリを獲得しました。黄色く塗られたホイールが受賞の決め手となりましたが、これは本来、タブーとされていたことだそうです。

バイク初の「オートカラーアウォード」

 2017年12月、ヤマハのバイク「MT」シリーズ(MT-10、MT-09、MT-07)が、日本流行色協会(東京都千代田区)主催の車両カラーデザインコンテスト「オートカラーアウォード2017」でグランプリを獲得しました。

171220 yamahacolor 01
ヤマハMT-10。シリーズにはMT-9、MT-7もある(画像:ヤマハ)。

「オートカラーアウォード」は、車両カラーデザインの企画力や、内外装の美しさなどを顕彰するコンテストとして1998(平成10)年度から毎年開催されています。2016年度はマツダ「ロードスター」、2015年度はスズキ「アルトラパン」など、これまでのグランプリはすべて4輪車でしたが、今回初めて2輪車が受賞しました。

 日本流行色協会は「MT」シリーズの受賞理由を「通常、タンク部分が目を引くというバイクのデザインの中で、タイヤに注目させるという発想が新しく自由な印象をうける。(中略)ホイール部分に色をつけることはタブーとされてきたが、マーケットを意識しすぎず、デザイナーが自分の意志でその常識をくつがえした」などとしており、着色されたホイールが評価の決め手になったようです。なお、「MT」シリーズにはボディー、ホイールとも複数の配色パターンが設定されていますが、今回受賞の対象となったのは、グレーのボディーに黄色いホイールというパターンです。

 この「黄色いホイール」というアイデアについて、ヤマハに聞きました。

――受賞の感想はいかがでしょうか?

「オートカラーアウォード」は2014年度から4輪車のほか2輪車も対象となり、当社では2015年度、2016年度に2輪車で特別賞を受賞しているのですが、グランプリは初めてです。4輪車が主流のコンテストですので、受賞は意外でもあり、うれしくもあります。これを機会に、バイクへ注目が集まればうれしいです。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171220 yamahacolor 03
  • Thumbnail 171220 yamahacolor 01
  • Thumbnail 171220 yamahacolor 02

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. こんなカッコいいバイクに乗らない最近の仮面ライダーは勿体ない

  2. カラーホイールなんて以前から有るんだが?
    CB400のゴールドとか赤とか