ちはやぶる「クラウン」? 「初春トミカ」、クルマと百人一首が異色コラボのナゼ(写真11枚)

「トミカで名車が百人一首のデコレート」、なにを言っているのかわからないかもしれませんが、実物を見れば確かにそのとおりです。企画担当者と識者に話を聞きました。

その発想はなかった? 雅な装飾のトミカが登場

 ミニカー界の大番長、トミカのなかでも、ちょっと異色なシリーズ、「トミカくじ」をご存じでしょうか。「警察車両スペシャルコレクション」や、「はたらくスポーツカーコレクション」といった魅惑的なキーワードでくくられた8〜10台(シリーズ初期は20台でした)のシリーズで、一番の特徴は、外箱がみんな同じということ。実際に買って、開けてみないと何のクルマかわからないという、くじ引きタイプのトミカなのです。売り場で勘を頼りに、もしくは箱を慎重に持って重さを比べたりしながら、なかの車種を予想して買う、というのが醍醐味です。

Large 171220 tomica 01
トヨタ「クラウン」上の句のボンネットには「ちはやぶる神代も聞かず龍田川」。希代のイケメン、在原業平の1首(画像:タカラトミー)。

 2017年12月28日に1台700円(税抜)で発売される「トミカ百人一首」は、その「トミカくじ」のなかでも、さらに特別な意匠になっています。百人一首の上の句で4台、下の句4台の計8台が発売され、上の句と下の句は同じ車種になっているのです。選ばれた四首とそれぞれの車種は、以下の通りです(編集部注:漢字かなづかいは、「トミカ百人一首」に準拠したものです)。

●「トミカ百人一首」ラインアップ
・「これや此の行くも帰るも別かれては 知るも知らぬも逢坂の関」(蝉丸/トヨタ「マークX」)
・「夏の夜はまだ宵ながらあけぬるを 雲のいづこに月宿るらむ」(清原深養父/日産「フェアレディZ」)
・「ちはやぶる神代も聞かず龍田川 から紅に水くくるとは」(在原業平朝臣/トヨタ「クラウン」)
・「田子の浦に打出でてみれば白妙の ふじの高嶺に雪は降りつつ」(山部赤人/日産「スカイライン2000GT-R」)

Large 171220 tomica 02 Large 171220 tomica 03 Large 171220 tomica 04
2017年12月28日発売「トミカ百人一首」のラインアップ(画像:タカラトミー)。

 このユニークな趣向について、タカラトミー トミカ企画部の北浦敏行さんにお話をうかがいました。北浦さんによると、この「トミカ百人一首」は、「トミカくじ」の形式ではありますが、「初春トミカ」として発売するものなのだそうです。

この記事の画像をもっと見る(11枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171220 tomica 08
  • Thumbnail 171220 tomica 09
  • Thumbnail 171220 tomica 10
  • Thumbnail 171220 tomica 11
  • Thumbnail 171220 tomica 01
  • Thumbnail 171220 tomica 02
  • Thumbnail 171220 tomica 03
  • Thumbnail 171220 tomica 04
  • Thumbnail 171220 tomica 05
  • Thumbnail 171220 tomica 06
  • Thumbnail 171220 tomica 07

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 1/1でやらかす人が出るかもしれない。
    その場合は不法?

  2. ミニカー❗わたしもミニカーが、とても大好きでつい最近まで10台位持っていました❗
    デロリアン、ルノー、フェラーリF40、ガゼール、フィアット500、とかいろいろ集めていましたけど、ちょっとした事情があってすべて手放してしまいました。
    でも、これからは、またいろいろなミニカーを、集めていこうと思います☀