特急車両の1泊2日乗り継ぎツアーを実施 運転開始70周年を記念 近鉄

近鉄が「近鉄特急運転開始70周年キャンペーン記念ツアー『特急車両乗り継ぎ旅』」を実施。特急車両に2日間乗車するツアーです。

ツアー限定オリジナル運転カードも進呈

 近鉄が2018年2月17日(土)、「近鉄特急運転開始70周年キャンペーン記念ツアー『特急車両乗り継ぎ旅』」を実施します。

 上本町(現・大阪上本町)~近畿日本名古屋(現・近鉄名古屋)間(伊勢中川駅で乗り換え)で、日本の民営鉄道初となる座席定員制の有料特急が運転を開始してから2017年で70周年を迎えることを記念して行われる1泊2日のツアー。詳細は次のとおりです。

Large 171222 tour 01
近鉄特急車両のイメージ(画像:近鉄)。

・「青の交響曲(シンフォニー)」をはじめ、「アーバンライナー」や「伊勢志摩ライナー」「ビスタカー」などの特急車両に2日間乗車(全行程549.7km、うち特急乗車区間519.9km)。

・一部区間で、団体専用列車「あおぞら2」に乗車。普段は見学できない明星車庫(三重県明和町)の車窓見学や洗車体験も実施。

・ホテルでお笑いコンビ「ミスマッチ」の旭堂南鈴さんのトークショーを、夜は賢島駅(三重県志摩市)に留置する車両の撮影会などを実施。

・定員は大人36人。未成年者は参加不可。

・募集期間は、2017年12月25日(月)から2018年2月3日(土)まで。定員に達し次第終了。

・出発は大阪阿部野橋駅。帰着は大阪難波駅。代金は3万6000円(4人1室利用の場合)。

・ツアー参加者には、限定オリジナル運転カードを進呈。

・申し込みは、近鉄駅営業所まで。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171222 tour 02
  • Thumbnail 171222 tour 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 真冬に催す卑しさ