JR高槻駅2・5番のりばの可動式ホーム柵、使用開始を繰り下げ

JR高槻駅2・5番のりばの可動式ホーム柵の使用開始時期が延期されます。

使用開始時期、2018年の秋頃へ延期

 JR西日本は2017年12月26日(火)、東海道本線(JR京都線)・高槻駅(大阪府高槻市)の2・5番のりばで設置工事を進めている可動式ホーム柵について、ホームの補強に時間を要していることから、使用開始時期を延期すると発表しました。

171227 jresaku 01
可動式ホーム柵の設置イメージ(画像:JR西日本)。

 当初の計画では使用開始が2018年春頃の予定でしたが、秋頃に繰り下がります。JR西日本は「使用開始時期の詳細が決まりましたら、改めてお知らせします」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 小田急も昇降バー式の柵になるな。
    で、愛甲石田駅でまだ実験かい。

    • ふつうのドア式なんだけど。

  2. そもそも「可動」式ではないドアなんて世の中に存在できるのか ? 開かずの間 みたいなのが駅にあっても困るし・・・