マツダ「ユーノスコスモ」 加速も燃費もド迫力の3ローター、当時の若者はどう見た?

マツダのロータリーエンジンを語るうえで外せないクルマのなかの1台が、初の3ローターを搭載した量販車「ユーノスコスモ」でしょう。加速も燃費もド迫力だったといいますが、当時の若者はこれをどう受け止めていたのでしょうか。

3ローターのインパクト!

 1980年代後半から1990年代にかけて、今でも語り継がれる名車が続々発売されました。そのなかでも、ひときわ「語れるクルマ」として名を残している1台が、マツダ「ユーノスコスモ」です。

171222 cosmo 01
1990年4月発売、マツダ「ユーノスコスモ」。(画像:マツダ)。

 1990(平成2)年というマツダの多チャンネル化全盛期、高級プレミアム「ユーノス」のフラグシップ・モデルとして、「ユーノスコスモ」は誕生しました。「高級パーソナルクーペ」と銘打たれ、3ナンバー専用の2ドアクーペボディに、新開発のシーケンシャル・ツインターボチャージャー付き高性能ロータリーエンジン「3ローター20B-REW」を搭載します。3ローター! そう、マンガの世界だけだと思っていた3ローターを実現してしまったのが、この「ユーノスコスモ」だったのです。

 そもそも、マツダ・ファンなら、ロータリーエンジンについて、ひと晩でもふた晩でも語れるもの。両手でおにぎり型を作って、「四十七士」とか「チャターマーク」とか言いながら涙ぐんでいる人がいたら、それは間違いなくマツダ・ファンなので、「マラソン・デ・ラ・ルートって何?」と話を振ってみましょう。三日三晩語ってくれます。

171222 cosmo 02
マツダ「ユーノスコスモ」搭載の3ローター20B-REWエンジン(画像:マツダ)。

 そんなマツダ・ファンの命、「ロータリー」を3つも積んだ「ユーノスコスモ」は、強烈な加速で度肝を抜かせてくれました。すごくスムーズな立ち上がりながら、「うぉりゃっ!」という声が聞こえそうな迫力の加速に、あのロータリーの唸りが重なった時の高揚感は、相当インパクトがあったものです。

 しかも、やんちゃクルマなわけではなく、スタイリングはオトナの男が乗るぞっという、すっきりぺったりシルエット。インテリアは、最高級本革シートに本杢インパネガーニッシュと、リッチでスノッブ。さらにATだから、いざとなったら「ちょっと乗ってみてもいい?」などと言えてしまうのです。もう、ちょっぴり背伸びしたい女子の目をハートにする要素がてんこ盛りです。

テーマ特集「【自動車】シルビア、プレリュード、セラ… 今も色褪せない旧車の魅力とは」へ

マツダ ユーノスコスモの中古車情報

U00020270326 001l

排気量
1300cc~2000cc
価格帯
58.0万円~280.0万円

中古車情報を見る

マツダ コスモスポーツの中古車情報

U00022531204 002l

排気量
980cc~1970cc
価格帯
78.8万円~1850.0万円

中古車情報を見る

マツダ コスモクーペの中古車情報

U00020905933 001l

排気量
1200cc~1800cc
価格帯
54.0万円~250.0万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171222 cosmo 07
  • Thumbnail 171222 cosmo 01
  • Thumbnail 171222 cosmo 02
  • Thumbnail 171222 cosmo 03
  • Thumbnail 171222 cosmo 04
  • Thumbnail 171222 cosmo 05
  • Thumbnail 171222 cosmo 06

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. いすゞの初代ピアッツァもそうだけど未だ色褪せないデザインは車自体に価値を見出だせる素晴らしい商品だと思いますね

  2. 元コスモ20B乗りとして…。学生時代乗っていたが不人気、セルシオ、レジェンド、ソアラが全盛期。スペックで誤解されるから薄く軽い記事を書かないで…。

  3. ちなみに『ウルトラ警備隊』ではなく、『MAT(マット=Monster Attack Team)』ですね。知ったかぶりの女子ライターはこれだから……。