姿消すJALグループ最小ジェット機CRJ200 じゃじゃ馬、軍用機エンジン…関係者は語る(写真55枚)

「軍用機のエンジンなので―」関係者は語る

「ボンバルディアCRJ 退役記念チャーターツアー」1日目の夜にはトークショーが開催され、パイロット、CA、整備士がCRJ200について語りました。

「CRJは揺れに強いです。コクピットでは揺れをあまり感じません。エンブラエル機は“波に乗っていく”のですが、CRJは揺れをバリバリ切り裂いていく感じです」(J-AIR 機長 小堺康弘さん)

「推力が大きく、かなり『じゃじゃ馬』です。扱えるようになるのは難しいです。ビジネスジェットを大きくしたものなので、操縦はそういう部分で難しさがあります」(J-AIR 機長 荻嶋英一さん)

「軍用機のエンジンなので故障しません。ただ、エンジンが機体の左と右にあり、左エンジンなら1時間で終わる整備が、(機体が支障になる)右は何時間もかかることがよくあります」(J-AIR 整備士 石丸勝久さん)

 ちなみにCRJ200のエンジン、GE製CF34-3B1は、アメリカ空軍の攻撃機A-10と同系統のものです。

Large 171228 crj 02 Large 171228 crj 03 Large 171228 crj 04
左から渡邉さん、小堺さん、荻嶋さん、牛澤さん、石丸さん。
CRJ200と似た形でエンジンを搭載するA-10攻撃機(画像:アメリカ空軍)。
伊丹空港の格納庫でCRJ200を見学。

「空調が冷えてくると機内が白く、モヤがかかったようになり、『煙が出てきたよ』と初めて乗られたお客さまからお声をいただくことがあります」(J-AIR 客室乗務員 渡邉有美子さん)

「雨や雪のときはドアを閉めると、階段にたまっていた雨や雪が降りかかってきます。ただ何年もやっていると、避けるタイミングがわかります」(J-AIR 客室乗務員 牛澤菜穂子さん)

 CRJ200はドアを開くとそれが階段になり、乗降できる構造になっています。

 日本の航空会社で最後となるCRJ200の運航は、2018年1月31日(水)、松山発伊丹行きJL2310便がラストになる予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(55枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail  r4a9530
  • Thumbnail  r4a9533
  • Thumbnail  r4a9536
  • Thumbnail  r4a9541
  • Thumbnail  r4a9558
  • Thumbnail  r4a9567
  • Thumbnail  r4a9576
  • Thumbnail  r4a9578
  • Thumbnail  r4a9583
  • Thumbnail  r4a9589
  • Thumbnail  r4a9593
  • Thumbnail  r4a9597
  • Thumbnail  r4a9601
  • Thumbnail  r4a9603
  • Thumbnail  r4a9605
  • Thumbnail  r4a9607
  • Thumbnail  r4a9610
  • Thumbnail  r4a9618
  • Thumbnail  r4a9621
  • Thumbnail  r4a9624
  • Thumbnail  r4a9637
  • Thumbnail  r4a9643
  • Thumbnail  r4a9649
  • Thumbnail  r4a9654
  • Thumbnail  r4a9658
  • Thumbnail  r4a9665
  • Thumbnail  r4a9671
  • Thumbnail  r4a9673
  • Thumbnail  r4a9677
  • Thumbnail  r4a9685
  • Thumbnail  r4a9686
  • Thumbnail  r4a9698
  • Thumbnail  r4a9713
  • Thumbnail  r4a9718
  • Thumbnail  r4a9730
  • Thumbnail  r4a9736
  • Thumbnail  r4a9742
  • Thumbnail  r4a9763
  • Thumbnail  r4a9767
  • Thumbnail  r4a9770
  • Thumbnail  r4a9788
  • Thumbnail  r4a9790
  • Thumbnail  r4a9793
  • Thumbnail  r4a9800
  • Thumbnail  r4a9812
  • Thumbnail  r4a9818
  • Thumbnail  r4a9898
  • Thumbnail  r4a9901
  • Thumbnail  r4a9907
  • Thumbnail  r4a9934
  • Thumbnail  r4a9956
  • Thumbnail 171228 crj 01
  • Thumbnail 171228 crj 02
  • Thumbnail 171228 crj 03
  • Thumbnail 171228 crj 04

Writer: 恵 知仁(乗りものライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. 全長でいうなら、500系先頭車両並み?まあ直径は500系の方が細いと思うが。

  2. 右エンジンの整備に手間がかかる理由を補足してほしかったな。

    • 確かに。そもそもA-10も基本的なエンジン装備要領はCRJと同じはずで、しかも前線基地での繰り返し運用が可能なようにあまり整備に手間がかからないように設計されているはず。

  3. リージョナリズムを掻き立てそうな雄姿