SL「大樹」で「いちごづくし」イベント開催 栃木県「いちご王国」とコラボ 東武 

東武鉄道のSL「大樹」と、栃木県の「『いちご王国』プロモーション」がコラボし、「いちごづくし」イベントが始まります。いちごにまつわる客車内装飾のほか、栃木県産「とちおとめ」や記念乗車証の配布などが行われます。

栃木県産「とちおとめ」の配布や、記念乗車証も

 東武鉄道は2018年1月10日(水)、栃木県が「『いちご王国』プロモーション」を展開するのに合わせ、20日(土)からコラボイベント「SL『大樹』でいちごづくし」を実施すると発表しました。

 28日(日)までの期間、SL「大樹」に、いちごをあしらったオリジナルヘッドマークを取り付けるほか、客車内の窓や網棚への装飾を行います。

180112 toubusl 01
SL「大樹」客車内の窓や網棚のいちご装飾イメージ(画像:東武鉄道)。

 20日(土)と21(日)の2日間は、SL「大樹」の乗客に、栃木県産「とちおとめ」と記念乗車証を配布。記念乗車証を提示すると、地元いちご農園で特典があります。また、「大樹」5・6号に乗車すると、硬券仕様の特製記念乗車証も合わせて配布されます。

 さらに同2日間には、下今市駅構内および鬼怒川温泉駅前広場でイベントも実施。地元いちご農園の出店、キャラクターやバルーンパフォーマーらによるショーが行われます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180112 toubusl 02
  • Thumbnail 180112 toubusl 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 配信を中止してください。よろしくお願いいたします。

  2. いちごが旬の季節に栃木へ行きたくなる