日本初の試み! 南海電鉄ら日台4社共同企画きっぷ「旅行“台灣⇔大阪”乗車券」発売

南海電鉄と関西エアポート、桃園メトロ、桃園空港の4社が、共同で企画乗車券「旅行“台灣⇔大阪”乗車券」を発売します。

日本で1000枚、台湾で2000枚発売

 南海電鉄と関西エアポート、台湾の桃園大衆捷運股分有限公司(桃園メトロ)、桃園國際機場股分有限公司(桃園空港)の4社が2018年2月1日(木)から8月31日(金)まで、共同で企画乗車券「旅行“台灣⇔大阪”乗車券」を発売します。

180118 taiwan 01
南海電鉄の特急ラピートと、桃園メトロの直達車(画像:南海電鉄)。

 4社によると、国や地域を越えた空港運営会社と鉄道会社が共同で企画乗車券を発売するのは、日本初です。

「旅行“台灣⇔大阪”乗車券」は、南海電鉄の特急「ラピート」(スーパーシート)片道の引換券と、桃園メトロ・台北~桃園空港間片道の引換券をセットにしたもの。

 これにより、現地できっぷに引き換えるだけでスムーズに目的地へ移動することができます。また、特典として、チケットを提示すると両空港で食事や買い物での割引やプレゼントのサービスも受けられます。きっぷの詳細は次のとおりです。

・発売枚数は日本が1000枚、台湾が2000枚。

・価格は日本が1770円、台湾が470台湾元。

・対象区間は南海電鉄が、難波・新今宮・天下茶屋~関西空港間(相互)、桃園メトロが台北~空港第1ターミナルおよび空港第2ターミナル間(相互)。

・引換期間は2月1日(木)から12月31日(月)まで。

・発売と引換場所は、南海電鉄が難波、新今宮、天下茶屋、関西空港各駅。桃園メトロが台北、空港第1ターミナル、空港第2ターミナル各駅。桃園空港が第1、2ターミナル入国フロア「桃園空港MRTサービスカウンター」。

・本チケットの提示で、関西空港20店、桃園空港10店以上の飲食・物販店で割引あり。

 南海電鉄や関西エアポート、桃園メトロ、桃園空港は「4社のツールを活用した共同プロモーションや事業、両空港、両沿線の観光地を活用した交流などの取り組みを推進し、日台間のさらなる旅客数増加につなげられるよう努めてまいります」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180118 taiwan 02
  • Thumbnail 180118 taiwan 03
  • Thumbnail 180118 taiwan 01

関連記事

最新記事

コメント