Suicaで自由席に乗れる「タッチでGo!新幹線」4月開始 新幹線自由席回数券は廃止へ JR東日本

「新幹線自由席回数券」全区間で発売終了

「タッチでGo!新幹線」のサービスを利用するには、初回のみ、事前の利用開始登録が必要です。首都圏の「Suica」エリア内に設置されているJR東日本の自動券売機などで可能。4月1日(日)以降、手持ちのICカードで、無料で行えます。

Large 180125 jretouch 02
「タッチでGo!新幹線」の利用開始登録ができる自動券売機など。「モバイルSuica」や「Apple Pay」の「Suica」はチャージ専用機のみで可能(画像:JR東日本)。

 サービス開始に伴い、6枚つづりで3か月間有効の企画乗車券「新幹線自由席回数券」は、以下の全区間とも12月22日(土)に発売を終了します(カッコ内は値段)。

●東北新幹線
・東京(山手線内)~小山(1万7880円)
・大宮~宇都宮(1万6020円)
●上越新幹線
・東京(山手線内)~熊谷(1万6680円)
・東京(山手線内)~本庄早稲田(2万340円)
・大宮~高崎(1万6020円)

 なお、購入済みのものは、有効期間内であれば12月23日(日・祝)以降も利用が可能です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. さすがに全線は無茶か。チャージ金額が全部吹っ飛びかねないからな。

  2. 了様ありがとうございます。このサービスも一時的になろうと思います。なにせJR東日本は最終的には自社内の特急列車と新幹線は他社からの乗り入れを含めて全列車全便全席指定席にすることを発表しておりますから、自由席しか使えないこのサービスは新幹線eチケットの二番煎じみたいなものでありますからすぐになくなってしまうでしょう。