スバル「インプレッサ」(初代) その魅力、たとえるなら「プロ仕様の中華鍋」?

要はドライバーになにを提供するのか、そのひとつの答え

 ひと言でいうと、「インプレッサ」は、「勝てるクルマ」でした。WRCで実績を残すのはもちろん、峠や山道で、実際にドライバーに走りで満足感を与えることに最大限重きを置いたモデルだった気がします。実際、本気を出した「インプレッサ」には、「速っ!」以外かける言葉は見つかりませんでした。抜かれる側も、爽快感を感じるレベルでした。

Large 180129 imp 03 Large 180129 imp 04 Large 180129 imp 05
「インプレッサ」セダン(画像:スバル)。
「インプレッサ WRX」スポーツワゴン(画像:スバル)。
後年発売された2ドアクーペモデル「インプレッサ リトナ」(画像:スバル)。

 ラリーでつちかった技術をどんどん市販車に反映し、マイナーチェンジのたびにパワーアップしていく気前の良さには、毎回舌を巻きました。その頃になってようやく、あのスタイリングの意味も分かってきたような気がします。「インプレッサ」は、最先端技術の「ヘルシオ」(編集部注:シャープ製ウォーターオーブンのシリーズ)とか、おしゃれ感満載の「ル・クルーゼ」(編集部注:フランスの調理器具メーカー)のココット(編集部注:両手鍋)ではなく、プロ仕様の中華鍋だったのです。だからこそ、使いこなした時、乗りこなした時、オーナーに最上の「ドヤ顔」をさせる力があるモデルなのではないでしょうか。

 いまでも街中で初代「インプレッサ」を見かけますが、このオーナーさんたちは最初からこの魅力に気づけた人たちなのかな、と、ちょっと羨望のまなざしを送ってしまったりします。

【了】

テーマ特集「【自動車】シルビア、プレリュード、セラ… 今も色褪せない旧車の魅力とは」へ

スバル インプレッサスポーツの中古車情報

Uz0027380226 001l

排気量
1600cc~2000cc
価格帯
39.8万円~257.1万円

中古車情報を見る

スバル インプレッサSTIの中古車情報

Uz0027380037 001l

排気量
1990cc~2500cc
価格帯
43.0万円~678.0万円

中古車情報を見る

スバル インプレッサスポーツワゴンの中古車情報

U00027378729 001l

排気量
1490cc~2000cc
価格帯
6.5万円~149.8万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180129 imp 06
  • Thumbnail 180129 imp 01
  • Thumbnail 180129 imp 02
  • Thumbnail 180129 imp 03
  • Thumbnail 180129 imp 04
  • Thumbnail 180129 imp 05

最新記事

コメント