ホンダ「NSX」(初代) 90年代の「ホンダの顔」はどんな役割を果たしたのか?(写真26枚)

1990年に発売されたホンダの初代「NSX」は、その生産終了までの15年間、名実ともにホンダのフラッグシップカーでした。どのようなクルマで、そしてホンダの「顔」として、どのような役割を果たしたのでしょうか。

「ホンダ」のイメージはどう形作られた?

「ホンダに、どのようなイメージを抱いていますか?」という質問に対して、最も多い答えは「スポーティ」ではないでしょうか。

Large 180202 nsx 01
1990年発売、初代「NSX」(画像:ホンダ)。

 そのイメージは、ホンダの歴史が育みました。戦後の1946(昭和21)年に誕生したホンダは、積極的にレースに参戦。オートバイだけでなく、1960年代には自動車レースの最高峰であるF1でも大活躍しました。市販車でもスポーティなモデルを数多く発売。ホンダは、カリスマ創業者である本田宗一郎の元、戦後に設立された若々しく快活なブランドとして急成長を遂げます。

 1980年代になるとホンダは、再びF1に参戦。80年代後半には、アイルトン・セナなどの有力ドライバーを擁して無敵を誇ります。また1987(昭和62)年には、中嶋悟選手が日本人初のF1ドライバーに。いまでは考えられないほどF1の人気は高く、それだけホンダ=レース=スポーティというイメージも強烈な時代でした。

 そんな無敵のホンダが1990(平成2)年に1台の新型車を発売します。それが「NSX」でした。

テーマ特集「【自動車】シルビア、プレリュード、セラ… 今も色褪せない旧車の魅力とは」へ

ホンダ NSXの中古車情報

Uz0030488724 002l

排気量
2970cc~3500cc
価格帯
339.9万円~2700.0万円

中古車情報を見る

ホンダ インテグラタイプRの中古車情報

U00030497338 001l

排気量
1790cc~2000cc
価格帯
58.5万円~298.0万円

中古車情報を見る

ホンダ N-BOXの中古車情報

Uz0030500573 001l

排気量
0cc~660cc
価格帯
20.0万円~258.0万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(26枚)

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント