改札ピッで三陸鉄道を応援 震災から7年、ヤフーが交通ICカード利用寄付イベント開催(写真10枚)

ヤフーが、六本木ヒルズの「大屋根プラザ」で、三陸鉄道と共同で「Yahoo!応援改札 #ピッは応援になる」を開催しています。交通系ICカードを使って三陸鉄道に寄付ができるイベントで、東日本大震災の記憶を風化させないことが目的です。

ヤフー「これからも継続的な支援する」

 ヤフーが2018年3月9日(金)から11日(日)までの3日間、東京都港区の六本木ヒルズ 大屋根プラザで、三陸鉄道との共同イベント「Yahoo!応援改札 #ピッは応援になる」を開催します。

Large 180309 sanriku 91
会場に置かれた改札を通過して、寄付を行う来場者(2018年3月9日、乗りものニュース編集部撮影)。

「Yahoo!応援改札 #ピッは応援になる」の目的は、今月11日で発生から7年を迎える東日本大震災の記憶を風化から防ぐことで、今回が初開催です。

 会場に置かれた改札機「Yahoo!応援改札」にて交通系ICカードをスキャンすると、三陸鉄道に100円の寄付ができるほか、三陸鉄道公認の特別乗車券がもらえます。100円を超える額を寄付したい人は、改札の通過回数に応じて、そのぶんを寄付できます(例:5回通過で500円寄付)。

 今回のような寄付スタイルをとった理由について、ヤフー広報担当は「交通系ICカードは、誰もが普段の生活で何気なく使っているもので、寄付への(心理的な)ハードルが低いからです」と説明します。対応する交通系ICカードは「Suica」「PASMO」「Kitaca」「TOICA」「ICOCA」「SUGOCA」「manaca(マナカ)」「はやかけん」「nimoca」です。

 会場には「Yahoo!応援改札」のほか、三陸鉄道の車両を10分の1の大きさで再現したヤフーオリジナルの模型が展示され、車窓の映像を流す150インチのLEDモニターも設置。「現在のリアルな東北」(ヤフー広報担当)を旅しているような感覚を体験できます。

 映像は2月25日(日)に、南リアス線の盛~釜石間を約30分間撮影したもので、交通系ICカードをスキャンすると、映像内に桜の花や赤べこ、風船などのイラストが表示される仕掛けになっています。

 ヤフー広報担当は「三陸鉄道さんとはこれまでも一緒に写真集を作ったり、ネット募金などを通じて支援を行ってきました。これからも継続して行っていきたいです」と話しています。

この記事の画像をもっと見る(10枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180309 sanriku 04
  • Thumbnail 180309 sanriku 05
  • Thumbnail 180309 sanriku 08
  • Thumbnail 180309 sanriku 09
  • Thumbnail 180309 sanriku 10
  • Thumbnail 180309 sanriku 11
  • Thumbnail 180309 sanriku 91
  • Thumbnail 180309 sanriku 92
  • Thumbnail 180309 sanriku 93
  • Thumbnail 180309 sanriku 94

関連記事

最新記事

コメント