パトカーの塗装なぜ白黒? ポイントは「下側が黒」 当初は白色の塗装も 

全国の警察で使用されているパトカーの塗装は白黒のツートンですが、どのような経緯でこの色になったのでしょうか。その起源は、戦後すぐの時期までさかのぼります。

戦後期の警察の実情から、白黒塗装が誕生

 警察のパトカーといえば、白と黒のツートンカラーでおなじみです。海外では白地に青や赤などといったさまざまな配色がありますが、日本のパトカーの塗装は白黒で統一されています。なぜこのような塗装なのでしょうか。

Large 180313 patrolcar 01
日本のパトカーのイメージ(画像:写真AC)。

 警察庁によると、日本のパトカーの白黒塗装のルーツは第二次大戦後の1948(昭和23)年から1949(昭和24)年ごろ。当時の日本にはGHQの主導のもと、全国各地に「自治体警察」(旧警察法による、全ての市と人口5000人以上の町村が自ら運営した警察組織)が置かれ、それらの自治体警察がパトカーとして使用する車両に「ジープなどの車両を白色にしたものが見られた」といいます。

 ただ、「当時の道路は舗装されていない場所がほとんどで、車体の汚れが激しかった」ともいいます。そうした状況のなか、自治体警察のひとつであった警視庁が、アメリカのパトカーを参考に黒色のセダン車をベースとし、下側が黒、上側が白のツートン塗装を採用しました。この塗装が1955(昭和30)年に全国的に統一され、現在に至っているそうです。
 
 その1955年時点でも、日本の一般国道の舗装率はたった13.6%(簡易舗装を除く。国土交通省の資料による)。未舗装の道路は晴天時にはほこりが舞い、ひとたび雨が降ればぬかるんでしまう状態だったそうです。クルマの下側が黒色であれば汚れも目立ちません。日本のパトカーの塗装は、整備が進んでいなかった戦後の道路事情が原点だったのです。

 ところで、一般のクルマをパトカーと同じ白黒塗装にした場合、違法になるのでしょうか。
 
 警察庁長官官房総務課広報室に聞いたところ、「具体的な事案に応じて判断するため一概には言えないが」と前置きしたうえで、「警視庁や都道府県警察の名前を記載した車両を用いて警察官を詐称するなどした場合は、軽犯罪法違反となる可能性があります」と話しています。
 

【了】

テーマ特集「【トリビア】なぜその色? 乗りものの色、どんな意味がある?」へ

トヨタ プリウスαの中古車情報

Uz0024990576 001l

排気量
1790cc~1800cc
価格帯
44.8万円~369.0万円

中古車情報を見る

スズキ ワゴンRの中古車情報

Uz0024990592 001l

排気量
0cc~660cc
価格帯
1円~228.0万円

中古車情報を見る

ホンダ N-BOXの中古車情報

Uz0024990533 001l

排気量
650cc~2000cc
価格帯
27.9万円~8993.8万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180313 patrolcar 02
  • Thumbnail 180313 patrolcar 01

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. まあ塗装に関しては消防との赤を分けるために日本郵便などの輸送車は自主的に浅い赤色に変えてきたけど、特に反射器などの取り付け位置や反射の加減やパトカー自体の売買などに規制があるだけで塗装は白黒だろうが問題はは無いと思ったな
    ただ何でこんな大きな車種がパトカーなのかは疑問に思うがね

  2. 白黒ツートンは純正色にもありますね。昔だと86とかね

  3. あっ!パンダ人気に便乗したんじゃ無かったの?親しまれる警察をめざして!