海自導入か「多用途防衛型空母」、どんな船に 期待されるのはその「存在感」?

【写真】F-35Bだったら何機入る? 海自護衛艦「いずも」の格納庫

Large 180327 cv 06
「いずも」の格納庫。10機程度のF-35Bが格納できるだけのスペースは十分にある(竹内 修撮影)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180327 cv 06
  • Thumbnail 180327 cv 01
  • Thumbnail 180327 cv 02
  • Thumbnail 180327 cv 03
  • Thumbnail 180327 cv 04
  • Thumbnail 180327 cv 05

Writer: 竹内 修(軍事ジャーナリスト)

軍事ジャーナリスト。海外の防衛装備展示会やメーカーなどへの取材に基づいた記事を、軍事専門誌のほか一般誌でも執筆。著書は「最先端未来兵器完全ファイル」、「軍用ドローン年鑑」、「全161か国 これが世界の陸軍力だ!」など。

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 空中給油機導入が効率的ってあまり機体スペックとか重視の中途半端な軍事ジャーナリストのお題目を信じていたら駄目。実際の軍事作戦とか知らないというか、ちょっとした少部隊の作戦行動でも今の給油機の数倍の機体が必要。彼らが言う作戦行動するためには10倍近い機数が必要なんだが。

  2. 他の記事にも書いた/書かれてたけど、空中給油機は燃料補給しか出来ない。武器弾薬の補給は飛んでない時にしか出来ない、って事をお忘れの方が多い様に思う。

  3. 対外防衛のためには空母よりも航空自衛隊の基地を作る方が良さそう。もっと言うと既存の地方空港を軍民共用にするのが一番コストがかからないと思う。稚内とか女満別とか長崎とか佐賀とか。

  4. 「しらせ」に限らず、よほどの急ぎ以外は助けてくれるようですね。