海自導入か「多用途防衛型空母」、どんな船に 期待されるのはその「存在感」?

新造? 改造? 導入するならどんな船が考えられるのか

 自民党の安全保障調査会は、多用途防衛型空母をどのようにして導入するかについてを明確にしていませんが、海上自衛隊が2隻を運用しているいずも型ヘリコプター搭載護衛艦に改修を加える案と、新たに建造する案、その両方を行なう案が存在しているようです。

 新規建造案のなかにはニミッツ級のようなカタパルトを備えた、本格的な空母を導入すべしという声もありますが、予算や政治的な配慮、海上自衛隊の定員などの面からすると、恐らくF-35Bを十数機搭載できる規模の小型空母になる可能性が高いと考えられます。

Large 180327 cv 04
オーストラリア海軍の強襲揚陸艦「キャンベラ」(画像:オーストラリア海軍)

 安全保障調査会の提言発表以前に一部のメディアは、多用途防衛型空母は島嶼防衛などで地上部隊を上空から支援するF-35Bの、洋上補給基地をおもな用途とすると報じました。これを受けて一部の評論家の方々からは、たかだか十数機のF-35Bを搭載する空母を導入するより、航空自衛隊のF-35Aを増やし、それを支援する空中給油機や早期警戒管制機などを導入する方が合理的という意見も出されています。

 確かにその用途のみに限定すれば、評論家の方々のご意見はごもっともなのですが、実のところ多用途防衛型空母には、単なる洋上補給基地以上の役割が求められています。その役割を読みとくキーワードとなるのが「自由で開かれたインド・太平洋戦略」です。

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180327 cv 06
  • Thumbnail 180327 cv 01
  • Thumbnail 180327 cv 02
  • Thumbnail 180327 cv 03
  • Thumbnail 180327 cv 04
  • Thumbnail 180327 cv 05

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 空中給油機導入が効率的ってあまり機体スペックとか重視の中途半端な軍事ジャーナリストのお題目を信じていたら駄目。実際の軍事作戦とか知らないというか、ちょっとした少部隊の作戦行動でも今の給油機の数倍の機体が必要。彼らが言う作戦行動するためには10倍近い機数が必要なんだが。

  2. 他の記事にも書いた/書かれてたけど、空中給油機は燃料補給しか出来ない。武器弾薬の補給は飛んでない時にしか出来ない、って事をお忘れの方が多い様に思う。

  3. 対外防衛のためには空母よりも航空自衛隊の基地を作る方が良さそう。もっと言うと既存の地方空港を軍民共用にするのが一番コストがかからないと思う。稚内とか女満別とか長崎とか佐賀とか。

  4. 「しらせ」に限らず、よほどの急ぎ以外は助けてくれるようですね。