タイヤのカスが「さきいか」に… 鈴鹿サーキットの個性派みやげ、なぜ誕生(写真13枚)

鈴鹿サーキットで、思わずニヤリとするようなおみやげが多数販売されています。レース中に生じたタイヤのカスを模した「タイヤカスさきいか」や、本物そっくりの「アスファルトラスク」などなど。個性派商品はなぜ作られたのでしょうか。

中身は真っ黒な「モーターオイルカレー」も

 三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットは、F1日本グランプリなども開催される由緒ある国際レース場です。50年以上の歴史をもつこのサーキットで、近年、個性的なおみやげが販売されています。

Large 180406 suzuka 01
鈴鹿サーキットのおみやげ「タイヤカスさきいか」(画像:モビリティランド)。

 たとえば、擦れてちぎれたタイヤのカスを模した「タイヤカスさきいか」や、本物そっくりの「アスファルトラスク」などは、ファンならずとも思わずニヤリとしてしまうかもしれません。鈴鹿サーキットを運営するモビリティランド(鈴鹿市)に詳しく話を聞きました。

——「タイヤカスさきいか」や「アスファルトラスク」のほか、どのような個性的な商品がありますでしょうか?

 中身は真っ黒な「モーターオイルカレー」や、グラベル(サーキット内の未舗装路)の砂を模した「鈴鹿のグラベルペッパー」、甘いものでは、オイル缶を模して中身のアメも真っ黒な「モーターオイルドロップ」、クッキーにホイールがデコレーションされた「ソフタルトタイヤ」、真っ黒なスポンジケーキの中心に添えたカットオレンジをホイールに見立てた「オレンジホイールケーキ」、ヘルメットの形状を模したパッケージの「ヘルメットチョコバウム」などがあります。

テーマ特集「【タイヤ特集】交換時期からメンテナンス方法までクルマのタイヤを徹底解説 購入・交換時に役立つタイヤチェーンやパンク対策情報も」へ

この記事の画像をもっと見る(13枚)

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント