トヨタ燃料電池バス「SORA」、乗って見えた特徴と課題 普及目指しまずは都バスから

トヨタの燃料電池バス「SORA」は、すでに都バスで走り始めていますが、その数はまだまだ限られたものです。そうしたなかトヨタが試乗会を開催。実際に乗ってみることで見えてくる特徴や課題とは、どのようなものだったのでしょうか。

水素で走るバス、本格普及に向けて

 トヨタ自動車が2018年3月7日に販売を開始した、FC(燃料電池)バス「SORA(ソラ)」。最大の特徴は、ほかのバスのようにディーゼルエンジンなどの内燃機関を搭載せず、燃料電池の発電による電気自動車であることです。どんなところが一般的なバスと異なるのでしょうか。乗り味を含めてレポートします。

Large 180502 sora 01
トヨタのFCバス「SORA」。動力の発生は基本的にFCV「MIRAI」と同じ仕組み(大音安弘撮影)。

 まず燃料電池について簡単に説明すると、高圧タンクから供給される水素と大気中から取り込んだ酸素を「FCスタック」内で化学反応させることで発電を行うもの。原理は、水の電気分解、水に電気を流すと水素と酸素が発生する反応を逆に利用しているのです。このため、発電時には水しか発生しないクリーンな発電を実現できます。この電気を使い、モーターで走行するのが、このFC(燃料電池)バスなのです。ご存知の通り、トヨタが2014年12月に発売した世界初の量産FCV(燃料電池車)「MIRAI(ミライ)」と仕組みは同じです。

Large 180502 sora 02
水素と酸素で発電し、水を排出する(大音安弘撮影)。

 バスのサイズは、大型の路線バスと同等。ただ外観は通常の路線バスのイメージとは異なる、未来感のあるデザインに仕上げられ、高い全高が特徴的です。実は、この一見して高くなっている部分にFCバスの心臓部が収められており、車体前側の頭上には、高圧水素タンクが10本、車体後部の頭上には、FCスタックを搭載。ディーゼルエンジンバスの場合、後部座席下はエンジンルームとなりますが、ここにモーターなど駆動システムがあります。

この記事の画像をもっと見る(8枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180502 sora 05
  • Thumbnail 180502 sora 06
  • Thumbnail 180502 sora 07
  • Thumbnail 180502 sora 08
  • Thumbnail 180502 sora 01
  • Thumbnail 180502 sora 02
  • Thumbnail 180502 sora 03
  • Thumbnail 180502 sora 04

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 個人タクシーの場合、ガスを入れに行く距離と消費を考えるとガソリンで仕事をするのも変わらないと聞きました。
    さてさて横揺れに影響する屋根の重量物は?ディーゼルバスの空調や冷凍冷蔵トラック他、燃料をガスとした場合のバスも高所に重いシステムがあるのは同じですが
    このバスの場合は屋根をフラットに見せるデザインも影響してるんじゃないでしょうか?
    他の量産バスとは違い、書面だけではなく(たまに抜き打ちで実測?)、このような特種なバスは製造会社で最大安定傾斜角度の値を出すに実測はしていると思いますが、よくここまで造り上げて実用にこぎ着けたな~と思います。

  2. 先行導入車からの変更点くらい書いてくれよ

  3. 車内の段差が従前のバスのまま。
    そろそろ日野ブルーリボンの中身からフルチェンジ希望。

  4. 基本路線から行けば「トヨタ」からではなく「日野自動車」から出すのが順当だと思うんですがね~
    実情は判りませんが、個人的にはトヨタが「オレがオレが!」って感じられて・・・

  5. 一定ルートから外れないし、公共インフラで補助金入れやすいし、バスってのはこういう実験にちょうどいいんだろうな
    韓国は非接触充電の実験を路線バスでやってるはずだし

    あと、前から疑問なんだけど、水素を製造するコストって安いの?