井の頭線の渋谷~明大前間、明朝は工事運休 振替輸送を実施 京王

下北沢駅付近の小田急線にまたがる橋を架け替えるため、京王井の頭線の渋谷~明大前間が5月13日の初電から午前9時半ごろまで運休。明大前~吉祥寺間で折り返し運転を行います。

下北沢駅付近の橋を架け替え

 2018年5月13日(日)の初電から午前9時半ごろまで、京王井の頭線の渋谷~明大前間が工事のため運休します。

Large 180512 keioshimokitazawa 01
下北沢駅付近の工事に伴い、井の頭線の渋谷~明大前間が運休(画像:京王電鉄)。

 現在、下北沢駅(東京都世田谷区)付近では、小田急小田原線の連続立体交差事業と京王井の頭線の駅改良工事が進行中。2018年2月の井の頭線上り線に続き、今回は下り線で、小田急線をまたぐ橋(長さ約37m)を架け替えます。

 工事は5月12日(土)終電後から翌13日(日)午前9時半ごろまでの予定です。渋谷~明大前間では13日(日)に代行バスが運行されますが、京王電鉄は所要時間を同区間で約50分と見込んでおり、「道路の渋滞等によりさらに時間を要する場合があります」としています。

 なお当日は、JR東日本、西武鉄道、小田急電鉄、東急電鉄、多摩都市モノレール、東京メトロ、都営地下鉄への振替輸送も実施。明大前~吉祥寺間は通常ダイヤではなく、すべて各駅停車で約10分間隔の折り返し運転が行われます。

 工事は進み具合により終了時刻が前後する可能性があり、井の頭線の運転もそれに合わせて順次再開される予定です。京王電鉄は「列車の運休区間についてはバス代行輸送を実施しますが、混雑や大幅な所要時間の増加が予想されるため、工事時間帯のご利用を控えていただくか、他社線への振替輸送をご利用ください」としています。

 なお、荒天などにより延期された場合、工事は翌週の5月19日(土)終電後から翌20日(日)午前9時半ごろの日程で行われる予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180512 keioshimokitazawa 02
  • Thumbnail 180512 keioshimokitazawa 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 運休情報もニュースにするのか
    こんどの別件が載るかどうかで、編集部の人間が東京以外知らないんじゃないかということもはっきりするね(ニッコリ

  2. やっぱり当日になったのに記事になってないな(呆れ
    新線開通への最終ステップだというのに
    ほんとうに東京以外興味ないんだな