JR大宮総合車両センターの社員食堂を開放 記念弁当も 「鉄道のまち大宮 ふれあいフェア」

JR東日本 大宮総合車両センターの社員食堂が、「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」の開催にともない、一般開放されます。イベント限定の記念弁当も登場。

記念弁当は和風と洋風の2種類

 日本レストランエンタプライズ(NRE)は2018年5月22日(火)、JR東日本の大宮総合車両センターで26日(土)に開催される「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」において、社員食堂の一般開放と記念弁当の販売を実施すると発表しました。

Large 180523 nresyokudo 01
「懐かしの食堂車のチキンカレー」。購入するとEF510形「北斗星」のオリジナルピンバッジが付いてくる。写真はイメージ(写真:日本レストランエンタプライズ)。

 社員食堂で提供されるメニューは、鉄道乗務員のまかない飯「JR大宮総合車両センター版ハチクマライス」(800円)と、グリルチキンをトッピングした「懐かしの食堂車のチキンカレー」(800円)、ペーパークラフト付きの「お子さまカレー」(600円)、大きな油揚げが入った「ジャンボきつねそば・うどん」(各550円)、普段この社員食堂で提供されている「社員食堂の醤油ラーメン」(550円)。「ハチクマライス」にはEF81形電気機関車の、「チキンカレー」にはEF510形電気機関車の「北斗星」ヘッドマーク付きオリジナルピンバッジが付いてきます。

 食堂の営業時間は10時30分から15時まで。ラストオーダーは14時30分です。

 記念弁当は2種類。「大宮鉄道ふれあいフェア開催記念洋風弁当」(製造元 日本ばし大増)は、エビフライやハンバーグ、豚肉の照り焼きなどを盛り込んだボリュームたっぷりというお弁当で、「大宮鉄道ふれあいフェア開催記念和風弁当」(製造元 大船軒)は、カレー風味のチャーハンや海鮮ちらし寿司など、海の幸と山の幸を詰め込んだお弁当とのこと。価格はともに1000円です。

 どちらも特急「草津」や「スワローあかぎ」で運用されている651系特急形電車の写真を使用した特製掛け紙で、フェア当日のみの限定品です。大宮車両総合センター内の臨時売店で10時から販売され、なくなり次第終了。価格は全て税込です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180523 nresyokudo 02
  • Thumbnail 180523 nresyokudo 03
  • Thumbnail 180523 nresyokudo 04
  • Thumbnail 180523 nresyokudo 05
  • Thumbnail 180523 nresyokudo 06
  • Thumbnail 180523 nresyokudo 07
  • Thumbnail 180523 nresyokudo 01

関連記事

最新記事

コメント