高野山ケーブル、新型は「和洋折衷」に 内装は木目調で装飾 南海

南海鋼索線(高野山ケーブル)に導入する新型車両のデザインが決定。流線型の外観、朱色のコンセプトカラーで「和洋折衷」とし、高野山への期待感を醸成するといいます。

客車部分はスイスの会社が製造

 南海電鉄は2018年6月6日(水)、高野山ケーブル(鋼索線)に導入する新造車両のデザインを発表しました。

Large 180606 nankaikosakudesign 01
1号車のイメージ。車体の朱とラインの白で寺社仏閣をイメージさせるとともに、現行のケーブルカーや特急「こうや」の配色を継承する(画像:南海電鉄)。

 コンセプトは「期待感」「癒し・調和」「安全・安心」です。客車部分の製造は、スイスのキャビンメーカー、CWA社が手掛け、車体はヨーロッパ風の流線形に。南海電鉄によると、外装のコンセプトカラーは高野山・壇上伽藍の根本大塔を想起させる朱色を採用し、「和洋折衷」のデザインとします。また、同様に朱色を採用している特急「こうや」や観光列車「天空」などとともに、高野山への旅の期待感を醸成するといいます。

 従来車両よりも大きな窓を採用し、眺望性を向上。前面は曲面ガラスを採用し、斜面を自らが実際に上り下りしているような臨場感を味わえるといいます。

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180606 nankaikosakudesign 05
  • Thumbnail 180606 nankaikosakudesign 06
  • Thumbnail 180606 nankaikosakudesign 07
  • Thumbnail 180606 nankaikosakudesign 01
  • Thumbnail 180606 nankaikosakudesign 02
  • Thumbnail 180606 nankaikosakudesign 03
  • Thumbnail 180606 nankaikosakudesign 04

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 二代目車両と三代目車両の使用期間に差があり過ぎてビックリ