つくばエクスプレス、新型「TX-3000系」導入 2020年3月デビューへ

つくばエクスプレスが、新型車両TX-3000系電車を導入します。外観は従来車両のイメージを継承しつつ、先頭は先鋭感を強調したデザインといいます。

計30両製造

 つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道は2018年6月7日(木)、新型車両のTX-3000系電車を導入すると発表しました。

Large 180608 tx3000 01
新型車両TX-3000系電車の外観イメージ(画像:首都圏新都市鉄道)。

 交直流車で、守谷~つくば間の交流電化区間にも対応。6両固定×5編成が製造されます。2020年3月に運行を開始する計画です。

 外観は、従来のTX-1000系やTX-2000系のイメージを継承しつつ、傾斜を強くした先頭前面と、ヘッドライトの形状で先鋭感を強調。前面窓はメンテナンス性を考慮し、シンプルな構成とします。現行車両の配色を継承しつつ、斜めのラインでスピード感を表現します。

 車内は、清潔感、開放感のあるデザインに。連結面や座席横の仕切り、荷棚には透明な強化ガラスを採用し、車内の見通しを改善。座席はクッション性を改良し、座り心地を向上させます。

 全車両に、範囲を明確にしたフリースペースとUD(ユニバーサルデザイン)シート、優先席を設定。さらに防犯カメラを設置。各ドア上部には、42インチハーフの大画面液晶案内表示器を搭載します。また、つり手の数を増やします。

 車体はアルミダブルスキン構体(FSW溶接)、設計最高速度は130km/hです。日立製作所が製造します。

 TXは中期経営計画(2018~2020年度)で、ラッシュ時の混雑緩和策として、従来車両でボックス席がある残り7編成についても、今後、ロングシート(窓を背にして座る座席)化を推進。TX-3000系が営業運転を開始する2020年春には、朝ラッシュ時間帯1時間の最混雑区間の運行本数を現行の22本から25本に増やす計画です。8両編成化の可能性などについても引き続き検討するとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180608 tx3000 02
  • Thumbnail 180608 tx3000 01

関連記事

最新記事

コメント

Leave a Reply to asamasanroku-rail Cancel reply

9件のコメント

  1. ロングシートでも構わないが、E233系やE235系レベルは必須だ。
    もっとも、今更小田急3000形やJR東E231系、JR西321系のような粗末でみっともない座席を入れるとは思えないが。

    • クッション性改善とあるからE233系レベルは大丈夫だろう。最近はクッション性以上に座面形状が気になる。端部丸まってると太ももが落ち着かない。

    • フム。それは言える。
      反って脚のホールドが甘くなるわな。

  2. よくみると全然違うけど、ぱっと見が京王5k系っぽい
    使用色が同じ、顔がとんがってる所。

  3. ロングシートより先頭車2両を転換クロスにした方が良いかもな。
    8両化が進めば再び入れられると思うがな。

  4. そろそろ特急専用車を要望したいが、、、

    • 最近、茨城空港への延伸が云々という話が出ているが、実現するとなるとその時になりそうだ。つまり、現段階ではあまり期待しない方がいいだろう。

  5. 「ラッシュ時の混雑緩和策として」「ロングシート(窓を背にして座る座席)化を推進」
    日本の鉄道会社すべてに言えることですが、
    本数や車両数を可能な限り増やしたりして可能な限り全員座って快適に通勤できるように、という発想には至らないんですね。

    • 最近の記事に寄ればそうした事のためには混雑時間帯とそれ以外の時間帯の混雑率の差を改善する必要があるらしいです