ご長寿艦「ラジャ・フマボン」の数奇な生涯 海自にも縁深いフィリピン海軍元旗艦とは

2018年3月に退役したフィリピン海軍の元旗艦「ラジャ・フマボン」は、世界でもまれに見る長寿艦でした。海上自衛隊に在籍していたこともある同艦は、どのように75年にもわたる艦齢を重ねたのでしょうか。

刷新進むフィリピン海軍の、長年の顔役が退役

 フィリピン海軍は2018年5月28日、6月27日から8月2日までハワイで開催される、多国籍海軍合同演習「リムパック-2018」に参加すると発表しました。

Large 180608 rajah 01

拡大画像

アメリカ海軍、海上自衛隊、フィリピン海軍で60年以上に渡って活躍した「ラジャ・フマボン」(画像:アメリカ海軍)。

「リムパック」はアメリカ海軍の主催により2年に1度開催される演習で、「リムパック-2018」には1980(昭和55)年から連続して参加している海上自衛隊のほか、イギリス海軍、カナダ海軍、オーストラリア海軍、チリ海軍、ベトナム海軍など26か国の海軍の参加が予定されています。フィリピン海軍は2016年の「リムパック-2016」に人員を派遣したことはありますが、艦艇を派遣する形の本格的な参加は今回が初となります。

 フィリピン海軍は「リムパック-2018」に、グレゴリオ・デル・ピラール級フリゲートとダーラック級戦車揚陸艦、ヘリコプター1機、海兵隊員700名を派遣します。参加部隊の中核となるグレゴリオ・デル・ピラール級フリゲートは、2011(平成23)年から3隻が就役した、フィリピン海軍最大の水上戦闘艦で、1番艦の「グレゴリオ・デル・ピラール」はフィリピン海軍の旗艦を務めています。

 グレゴリオ・デル・ピラール級が就役するまで、長きに渡ってフィリピン海軍の旗艦は「ラジャ・フマボン」という名前の軍艦が務めていました。15世紀から17世紀にかけての大航海時代に活躍した探検家、フェルディナンド・マゼランから初めてキリスト教の洗礼を受けた族長の名を頂いた「ラジャ・フマボン」には、海上自衛隊で護衛艦として働いていたという、驚くべき過去があります。

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180608 rajah 06
  • Thumbnail 180608 rajah 01
  • Thumbnail 180608 rajah 02
  • Thumbnail 180608 rajah 03
  • Thumbnail 180608 rajah 04
  • Thumbnail 180608 rajah 05

関連記事

最新記事

コメント