JR唯一のキハ58系営業車両「Kenji」運行終了へ 「東北本線の旅」発売

JR東日本のキハ58系ディーゼルカー「Kenji」車両が、まもなく運行終了。これに伴い、旅行商品が発売されます。

運行終了に伴い旅行商品発売

 JR東日本は2018年6月19日(月)、キハ58形・28形ディーゼルカーの「Kenji」車両について、運行をまもなく終了すると発表しました。

Large 180619 jrekenji 01
まもなく運行終了を迎える「Kenji」車両(画像:JR東日本)。

 この車両は1992(平成4)年、岩手県の宮古市、山田町、釜石市で開催された「三陸・海の博覧会」にあわせて「三陸マリンライナー」としてデビュー。2013年には岩手県の観光キャンペーンを機に、車体色が緑から青に変更されています。

 3両編成で定員は130人。現在、JRグループで営業運転に使われている唯一のキハ58系です。

 今回、運行終了に伴い、びゅうトラベルサービスから旅行商品「Kenji号で行く! 東北本線の旅」が発売されます。出発日は7月21日(土)と9月8日(土)。いずれも日帰りで、列車は盛岡~一ノ関間を1往復します。

 参加者には、記念乗車証明書(台紙付き)、オリジナルキーホルダー、オリジナル掛け紙の弁当を配付。記念乗車証明書とキーホルダーは7月と9月で車両の色が変わります。また、一ノ関駅では列車の到着にあわせ「祝い餅おふるまい隊」が餅を振る舞います。

 募集人数は124人。旅行代金(盛岡駅発着)は大人6000円、子ども4000円です。盛岡駅以外の東北新幹線の駅などからの設定もあります。旅行商品は6月21日(木)14時から、JR東日本の主要駅にある旅行カウンター「びゅうプラザ」や電話「びゅう予約センター」で発売される予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180619 jrekenji 02
  • Thumbnail 180619 jrekenji 01

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. そうか、遂に力尽きるか。

    逆に21世紀の今日までよく生き延びてくれたと思う。もう奇跡の範疇なのかもしれない。

  2. はつかりがっかりから改良を重ねたDMH17も非力ながらなんだかんだで名機の部類までに到達してしまいました。
    お疲れ様でした。

  3. 俺高校生の時に、花輪線で普通列車で走っていた。平成4年頃かな・・あれから俺は44歳になった。よく走り続けた奇跡の車両。中間車キハ28は、昭和30年代だろう・・エンジンや内装変われど、運転台やフレームは種車そのもの・・来月北リアス線直通に乗ろうと思う。立席必至で4時間がんばろう・・(噂では乗るのに3日前から並んでいるらしいからなあ・・)