京急の「歌う電車」数減らすワケ 発車時の「あの音」、あとどれくらい聴けるのか

【写真】JRにもあった「歌う電車」

Large 180625 doremifa 03

拡大画像

かつて「ドレミファインバーター」が搭載されていたE501系電車。現在はおもに水戸線を走っている(画像:photolibrary)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(3枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180625 doremifa 03
  • Thumbnail 180625 doremifa 01
  • Thumbnail 180625 doremifa 02

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. あとJR東日本のE2系の一部でも採用されていたはずですが・・・。

  2. いつかはインバーター磁励音も銀座線車内の非常灯のようなノスタルジックなアイテムとなるのかな?

  3. つりかけ式の相鉄3000がvvvfに更新された時はトラックか?と思いましたが
    日立全盛期に貴重な東急車でしたから最後まで産まれたままの姿でさよならしたかったですがね

  4. 自分の車のオルタネータが悲鳴を上げた加速音もドレミファでしたが減速音は単なる音痴です。
    また自宅に来る宅配の🎵バックします
    これがガッツ石松に聴こえるのはアタシだけではないようです。

  5. ドレミファインバーターを聞くたび、ガーシュウィンの名曲「ラプソディーインブルー」の冒頭のクラリネットを思い出していました。実際、列車の走行音からのインスピレーションという話もあるそうです。