鉄道博物館、新館誕生で進化! 本物?のE5系「はやぶさ」、歴史的新幹線も(写真153枚)

320km/hで走れる新幹線の運転シミュレータ、時代ごとの懐かしい改札口…

ポイント3:仕事ステーション

 架線の検査や車輪の打音検査といった実物も用いた展示、最高速度320km/hで走れるE5系新幹線などの運転シミュレータ(有料)、本物の209系電車(前の京浜東北線の車両)の車体を使った車掌シミュレータ(有料)などで、「鉄道システム」全体を学ぶことが可能です。

Large 180626 teppaku 02 Large 180626 teppaku 03 Large 180626 teppaku 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

新たに登場したE5系新幹線の運転シミュレータ。
209系の車体を使った車掌シミュレータ。
時代ごとの改札口が再現されている「歴史ステーション」。

ポイント4:未来ステーション

 自分自身のアバター(分身)を作り、「未来の鉄道」を疑似体験できる展示です。自分のアバターが、展示のモニターへ映し出されます。歴史を振り返ることの多い博物館ですが、ここは「未来を想像してもらう」場所だといいます。

ポイント5:歴史ステーション

 150年近い「日本の鉄道」の歴史を、多くの史料とともに紹介。「手探りの鉄道黎明期(1870年から1890年)」や、「鉄道輸送の黄金期(1930年から1950年)」、「世界一への飛躍期(1950年から1970年)」といった時代ごとに、その時代の姿をした改札口が設置されているのに注目です。そこを通り中へ入ることによって、その時代へタイムスリップするかのような体験をしつつ、歴史を学ぶことができます。

ポイント6:トレインビュー!

 最上階(4階)のレストランでは、すぐ隣を東北・上越・北陸・山形・秋田新幹線、そして埼玉新都市交通ニューシャトルが走るなか、食事を楽しむことができます。また、同じ階にある屋外の展望スペース(トレインテラス)にはベンチやテーブルが用意されており、新幹線や在来線の高崎線や埼京線を眺めながら、お弁当などが食べられます。

※ ※ ※

 新館のオープンは2018年7月5日(木)です。なお、この日より入館料金が改められ、一般は1000円から1300円に、小中高生は500円から600円に、幼児(3歳以上未就学児)は200円から300円になります。

【了】

この記事の画像をもっと見る(153枚)

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント