炎天下の車内、素早く冷やす方法 「対角線上の窓を開ける」は有効? エアコンはどう使えば

炎天下で駐車していると、車内温度は60度近くに達することも。乗車前にドアを何度か開閉する、走行中は対角線上に位置する窓を開ける、などの対策が温度を下げるのに効果的ともいわれますが、どのような仕組みなのでしょうか。また、エアコンはどう使うのが効果的なのでしょうか。

ダッシュボードは80度近くなることも!?

 真夏の炎天下で駐車している車内の温度はどれほどでしょうか。JAF(日本自動車連盟)が2012(平成24)年に実施したユーザーテストによると、外気温35度(摂氏。以下同)でサンシェードなどの対策をせず、4時間駐車した黒いワンボックスカーでは、車内の最高温度57度、平均温度51度、ダッシュボードに至っては最高79度にも達したそうです。

Large 180627 entenka 01
炎天下で駐車しているイメージ(画像:Gudella/123RF)。

 車内を早く冷やしたい場合、とにかくエアコンを全開で作動させたほうがよいのでしょうか。それとも、窓を開けるなどしたうえでエアコンを使ったほうがよいのでしょうか。カーエアコンシステムや、関連部品などを製造するカルソニックカンセイ(さいたま市北区)に話を聞きました。

――車内温度を早く下げるにはどうすればよいのでしょうか?

 乗車前に窓を開けて換気するのがおすすめです。夏場の車内温度は50~60度になりますが、これは外気温より15~20度程度高く、密度が小さい(軽い)ので、窓を開けると熱気が窓から上昇して出ていき自然に換気できます。このときドアも開けると開口面積が増えてより早く換気できますが、むやみにドアを開けたり、バタバタと開閉したりするのは事故にもつながりかねないので、あまりおすすめできません。

 一部車種では、リモコンキーのドアロック解除ボタンを長く押し続けると、自動的に窓が開くものがあります。乗り込む前に窓を全開にしておくと、乗り込んだときの暑さはかなりちがいますよ。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180627 entenka 04
  • Thumbnail 180627 entenka 01
  • Thumbnail 180627 entenka 02
  • Thumbnail 180627 entenka 03

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 対角線状の窓を開けると風が入ってきて髪がボサボサに…
    なんて事もあり得るので私は逆ですね。
    助手席側を開けてドライバーズシードの後ろを開けます。
    手早く換気するときはこちらの方が何かと良い面が多いと思う。
    フィルターの付いていないディーゼル車が隣を走ったり停車するときは逆にしたり締め切ったりしますけどね。

  2. 自分がするのは下記の2つ。

    ・停車したままでテールゲート(リアハッチ)だけ開けて、外気導入でエアコン使えば、車室上部に溜まった熱気が前から後ろにキレイに押し出される。1分も要らない。左右のドア開けるより効果的と思う。

    ・同じ側の前後マド開けて走り、車室全体の空気をグルっと入れ替える。対角線ではない。(対角線だと隅っこの熱気は滞留するかと思う。↑のxxxさんは運転席を滞留させてるかと)

    • 忘れてた。
      ・炎天下に駐車する時、マドを閉めきらずちょっと開けとく。(閉めきって停めてるクルマ多くなってる気がする。熱くもなるわな。)