JR久大本線全線再開日に1日限定ヘッドマーク 大分、博多などで記念イベントも

新幹線活用久大本線活性化協議会と大分県、JR九州が、久大本線の全線運転再開を記念して、沿線で複数の記念イベントを開催します。

7月14日に久大本線の全線が運転再開

 2018年7月14日(土)、JR久大本線が全線で運転を再開。これに向けて新幹線活用久大本線活性化協議会と大分県、JR九州が「久大本線 ぜんぶつながるプロジェクト」を展開しています。運転再開日である7月14日(土)には、沿線などで複数のイベントを開催する予定です。

Large 180704 jrqtsunagaru4 01
キハ125形ディーゼルカー(右)と、全線復旧初日に掲出されるヘッドマークのイメージ(画像:JR九州)。

 久大本線は、久留米駅(福岡県久留米市)と大分駅(大分県大分市)を東西に結ぶ路線です。2017年7月の九州北部豪雨により、同路線は11か所で被災。なかでも光岡~日田間の花月川橋りょうは、6連の桁すべてと5本の橋脚のうち4本が流失しました。現在も光岡(てるおか)~日田間が不通ですが、復旧工事が進められ、14日(土)には全線で運転が再開します。

 これを記念し、14日(土)の1日限定で一部の普通列車に記念ヘッドマークを掲出。復旧した花月川橋りょうを最初に渡る日田5時25分発の上り列車も対象です。

 また、「『祝! 久大本線全線復旧』絵画作品募集!」で寄せられたなかから28作品を、久大本線を走る黄色いキハ125形ディーゼルカーの車内に8月31日(金)まで展示。さらに全209作品を1枚にしたポスターを久大本線・久留米~日田間の各駅に掲出します。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180704 jrqtsunagaru4 02
  • Thumbnail 180704 jrqtsunagaru4 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 久大本線の次は日田彦山線と豊肥本線だ。
    豊肥本線は熊本空港アクセス路線新設も検討する必要があります。