庭造り、場所がないなら「軽トラ」に 海外も注目「軽トラガーデンコンテスト」とは

軽トラックの荷台で庭造りを行い、その出来を競う「軽トラガーデンコンテスト」。庭師の業界団体が主催し、海外からも注目されているそうです。「軽トラ」を舞台にするのは、じつはとても理にかなっていました。

「軽トラ=荷物置き」の固定概念を覆し、全国に

 毎年4月28日の「庭の日」を中心に、全国で造園や緑化にまつわるイベントが開催されますが、その一部の会場では、軽トラの荷台に庭園を造り、完成度を競うという「軽トラガーデンコンテスト」が実施されています。

Large 180709 garden 01

拡大画像

2017年4月の全国軽トラガーデンコンテストで金賞に輝いた、而今(にこん/茨城県)の「幼き頃の想いを再び…」(画像:日本造園組合連合会)。

 イベントを主催する日本造園組合連合会(本部:東京都千代田区)によると、おもに全国の支部でそれぞれ開催されているといるとのこと。近年はSNSで取り上げる人も少なくないようで、「新ジャンルだ」といった声とともに話題になったこともあります。なぜあえて「軽トラ」なのか、同連合会に話を聞きました。

――「軽トラガーデンコンテスト」はいつから開催されているのでしょうか?

 2011(平成23)年に富山県の緑化イベント内で実施されたのが最初です。その後、北陸近県に広がり、いまでは全国各地域の緑や技能に関するイベントで開催されています。

――なぜ始めたのでしょうか?

 緑化イベントでの集客目的です。もともと軽トラではなく庭園コンテストを実施していたイベントもありましたが、「軽トラの荷台=荷物置き」という固定概念を覆し、来場者の目を引くことができると考えています。

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180709 garden 05
  • Thumbnail 180709 garden 06
  • Thumbnail 180709 garden 07
  • Thumbnail 180709 garden 01
  • Thumbnail 180709 garden 02
  • Thumbnail 180709 garden 03
  • Thumbnail 180709 garden 04

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 日本には元々坪庭という文化がある。狭い場所に庭を造るのは得意な民族だ。