歩車分離式信号「斜め横断」なぜNG? スクランブル式と何が違うのか

歩行者用の信号が全方向同時に青になる交差点がありますが、「斜め横断」が認められている箇所はごく一部です。有名な渋谷駅前交差点のようなスクランブル方式ではこれが可能ですが、ほかの方式とどう違うのでしょうか。

「スクランブル式」は歩車分離式信号のひとつ

 車両側が全方向赤で、歩行者側が全方向青になるなど、歩行者とクルマの青信号が分離された信号は「歩車分離式信号」と呼ばれ、そのように書かれた標示板などが設置されているケースもあります。

Large 180711 scramble 01

拡大画像

歩車分離式信号には、それを案内する標示板が設置されていることも(画像:写真AC)。

「歩車分離式信号」は厳密には、次の4方式に分類されます。

・スクランブル式:全方向の車両を同時に停止させるあいだに、全方向の歩行者を同時に横断させる方式で、斜め方向の横断を認めるもの
・歩行者専用現示式:全方向の車両を同時に停止させるあいだに、全方向の歩行者を同時に横断させる方式で、斜め方向の横断を認めないもの
・右左折車両分離式:歩行者を横断させるとき、同一方向に進行する車両を右左折させない方式
・右折車両分離式:歩行者横断させるとき、同一方向に進行する車両を右折させない方式

 このなかで「歩車分離式」という標示板は一般的に、歩行者専用現示式の信号に設置されているものです。スクランブル式もまた、「スクランブル式」と書かれた標示板が設置されることがあります。

 歩行者専用現示式でも歩行者が横断しているあいだは交差点内に車両が進入してきませんが、歩行者が交差点内を斜めに渡れるのはスクランブル式のみです。両者はどのような特徴や違いがあるのでしょうか。2016年度末時点で歩車分離式信号の整備率日本一という長野県警の交通規制課に聞きました。

――歩車分離式信号はどのような交差点に導入しているのでしょうか?

 過去にクルマと歩行者の事故が起こったところや、公共施設の周辺、通学路、また歩行者の通行が多く、導入によって交通状況の改善が期待される場所などに設置しています。歩行者とクルマが交錯しないので、巻き込み事故などの防止に効果があるほか、クルマも横断歩道の前で停まる必要がありませんので、通行の円滑化が図れるのです。

テーマ特集「【道路】ここが県道? 日本一長い信号など…知らなかった! 道路のトリビア」へ

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180711 scramble 03
  • Thumbnail 180711 scramble 01
  • Thumbnail 180711 scramble 02

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 「斜め横断なぜNG?」の理由が何処にも書いてないんだけど。
    もしかして「法的に」NGってことじゃなくて、滞留時間が延びるから「設置が」NGって言いたいの?
    記事を公開するに当たって推敲したり、二重チェックするとかしないのかな?
    こういう意味不明タイトルが多いよ最近

    • 記事タイトルで正義厨を煽って、わざと問題化しようとしてるんじゃないの。
      所謂『マスゴミ』的手法。

    • ヤフーニュースに掲載されるようになってから、アクセス数を稼ぐための煽りタイトルが増えた。

  2. 最初からキッチリと規制を明示していないから・・・
    歩車分離式信号が確かに増えていますが多くの交差点で歩行者は斜め横断も日常化しています。
    スクランブル式と歩車分離式のルールを最初から明確に提示しないと、どちらでも斜め横断習慣化した後で修正しようとしても困難かと。
    今まさに自転車が軽車両として交通ルールを順守しなければならないものを、今まで全く規制・指導してこなかったから全然守られていませんよね?加えて最近では路上指導も全く見られなくなってしまったし・・・諦めてしまったとか、飽きちゃったとか?(歩行者の信号無視も同様ですが!)
    自分も歩車分離式信号は縦横斜め・・・自由に横断しています!