ここまで進化、バスの安全対策 導入進むカメラやレーダー 車内安全にも小技が光る

公共交通を運行するうえで最も重要なことは、安全性です。先進技術の導入や、車両の細かな部分の改善により、バスの安全対策はここ数年で格段に進んでいます。

車外だけじゃない、運転手に向けたカメラも

 無事故を目指すため、各バス会社やメーカーが一体となって、安全な車両づくりを進めています。近年多く活用されているのはカメラ。一般的に想像されるのはドライブレコーダーですが、それだけではありません。

Large 180713 safety 01

拡大画像

2018年7月に改良型が発売された日野の大型観光バス「セレガ」。ドライバーが異常をきたした際、乗客がバスを強制的に停止させる装置を商用車で世界初導入した(画像:日野自動車)。

 まずは、バスのフロントガラスに取り付けられるカメラ。代表的なのは「モービルアイ」です。車間距離の詰まりやふらつき運転などをカメラが検知し、警報音で運転手に危険を知らせます。また、ウィンカーを出さずに車線を逸脱した場合や、歩行者と衝突する危険がある場合もそれぞれ検知できます。価格は約22万円(本体価格と取り付け工賃の合計)ですが、国土交通省による事故対策費補助制度の対象機器となっており、1社あたり80万円を上限として、導入金額の半額が補助されます。

 バスは車体が大きく死角が多いこともあり、単純に車外の映像を運転席のモニターに表示するシステムも普及しています。多くは左右のミラーなどにカメラが取り付けられ、駐車時の事故や左折時の巻き込みなどを防ぐのに一役買っています。また、「ミリ波レーダー」という技術で障害物を検知する方法もあります。車外へ発した電波の反射を利用して障害物の位置や距離を測るもので、霧、雨、逆光などの影響を受けにくく、その点ではカメラよりも秀でているといえるでしょう。

 車外に向けたカメラではなく、運転手側を“監視”するものもあります。「注意力低下警報システム」などと呼び、運転手の顔の向きや目線をカメラで検知、集中力が低下していると判断された場合に画面表示や警報でドライバーへ知らせます。

 こういった機器の開発が進んでいますが、これらはあくまで運転を「サポート」するものです。やはり、バスの安全な運行は最終的には「人」が守るものだといえるでしょう。

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180713 safety 05
  • Thumbnail 180713 safety 01
  • Thumbnail 180713 safety 02
  • Thumbnail 180713 safety 03
  • Thumbnail 180713 safety 04

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 単にメーカーとしてトラックに先行して装備したシステムを優遇税制向けにバスに流用設定しただけだろ
    一応にトラックの場合は総重量において標準仕様かオプションの区分けで税制は違ってくるけど基本は何もかにもがトラックの流用品で、特にバスは購入補助など手厚い措置が施されるので装置がんじがらめの車が世にでるのは常
    また国認定のノンステバスなどは元時点では駆動系はワンステバスの流用なので床は低いが、その分ワンステバスより駆動系からの車内の凹凸の落差が激しく決して安全な車内とは言えないし
    更にはドア開閉中の動力伝達遮断装置も新規車に被せる義務で存続車に後着け義務の無いところの大穴
    また乗客一般に優先席や車椅子スペース、ベビーカー固定位置座席をステッカーで一括周知しようとする言葉足らずの問題など、優遇税制や控除の為の装置か?誰が為の装置か見直す時期なんじゃないでしょうか?

  2. これって日野じゃなくてバス製造メーカーと電装メーカーの貢献した証じゃないの?
    いい加減に他人が捏ねた持ちをかっさらうような企業の好感度アップとか売名商売なんて何れ転けると思うけど?

  3. 特に高速域で走行する状態が多い高速バス・夜行バスはできるだけ早く、
    乗用車に搭載されているような先進システムを標準装備にして貰いたい
    一度事故が発生すれば内外ともに路線バスよりも被害が大きいからこそ、より一層ドライバーの負担軽減が求められるでしょう
    正直、国内市場をほぼ寡占している日野やいすゞからは慢心が感じられ、乗用車・国外の大型車メーカーに比べ研究に対する動きが遅いと思わざるを得ません
    ダイムラー・ふそう連合の様に、1年でも早い実用化を目指して、事故の被害者を減らそうとする意気込みを見せてもらいたい

  4. いいね~、バスは手厚い補助があって
    確か。13年規制のセレガーラより28年規制セレガーラは100万強値上がりしたと聞くが?
    その為か?28年規制車が発表された後も13年規制車の検査猶予期間である半年は13年規制車が生産されて価格の安い13年規制車の駆け込み需要にバス製造メーカーがフル稼働したとか?
    JRバスグループがグランドドリームシリーズを各路線に増強したのはこの辺りの都合ではあるまいか?
    て言うか、いい加減にバス製造メーカーから直販する時代が来てもいいと思うけどね
    いすゞは栃木に、日野は石川に足周り駆動系を供給して、たまには主役から下りてもいいんじゃないのかね?