隣の交差点と近すぎる信号、停止してみてどうなった? 那覇・繁華街のど真ん中で実験

那覇市の繁華街「国際通り」の交差点で、信号を停止し、交通渋滞の緩和につなげる実験が始まりました。信号の間隔や、その交差点ならではの地理的要因が渋滞を引き起こしているといいますが、停止した結果、どのような効果が生まれているのでしょうか。

信号の設置間隔が短すぎる故に…

 那覇市の中心部付近にある交差点で、交通渋滞の緩和を目的に信号の運用を終日停止する実験が行われています。

Large 20190730 410104 norimono 1 00 view

拡大画像

国際通りにある交差点で信号を停止する実験が行われている(画像:那覇市)。

 場所は県庁からおよそ500m東側、道幅の広い「国際通り」に、脇道である「浮島通り」と「ニューパラダイス通り」が交わる交差点です。沖縄随一の商店街である国際通りのほぼ真ん中に位置し、クルマも歩行者も多いところですが、2018年7月18日(水)から信号機にカバーがかぶせられています。

 那覇市の都市計画課によると、渋滞の理由は、ひとつとなりの信号との間隔が近すぎるためだといいます。同課に話を聞きました。

――なぜ信号を停止する実験を行っているのでしょうか?

 当該の交差点は、ひとつ西側にある松尾交差点からの距離が30mほどと短く、これに起因する渋滞を解消するためです。松尾交差点で信号を待つ国際通りの車列によって、浮島通りから国際通りへの左折や、ニューパラダイス通りから国際通りへの右折ができずに、両通りでクルマが滞留してしまうのです。ニューパラダイス通りからの右折車が、国際通りの真ん中をふさいでしまうこともあります。

 逆に、この交差点で信号を待つ国際通りの車列によって、松尾交差点側でも渋滞が発生しています。松尾交差点で国際通りに交わる一銀通りでは、国際通りへ左折できない車列が連なり、直進車にも影響を及ぼしている状況です。

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180726 naha 03
  • Thumbnail 180726 naha 04
  • Thumbnail 180726 naha 05
  • Thumbnail 180726 naha 06
  • Thumbnail 180727 naha 07
  • Thumbnail 180726 naha 01
  • Thumbnail 180726 naha 02

関連記事

最新記事

コメント