「ドアミラーにウインカー」のメリットとは 高級車から大衆車へ普及 流れに逆行するメーカーも?

いまや多くのクルマで採用されているドアミラーウインカー。代わりに数を減らしていったフェンダー横のサイドターンランプと比べて、どのようなメリットがあるのでしょうか。近年、サイドターンランプに「回帰」しているメーカーもあります。

デザイン的に優位性 それだけではないメリット

 ドアミラーにサイドウインカー(サイドターンランプ)をつけたクルマを多く見かけるようになりました。

Large 180706 doormirror 01

拡大画像

サイドウインカー付きドアミラーのイメージ(画像:Aliaksei Verasovich/123RF)。

 この「ドアミラーウインカー」が世界で初めて採用されたのは、1998(平成10)年に登場したメルセデス・ベンツの4代目Sクラス、国産車では2001(平成13)年に日産が発売した4代目「シーマ」といわれています。当初は高級車を中心に見られましたが、しだいに軽自動車やコンパクトなど、幅広いクラスの乗用車へ普及しました。

「道路運送車両の保安基準」では、車体の側面に「側方方向指示器(サイドターンランプ)」を装着することが定められています。ドアミラーウインカーのほか、ボディーのフェンダー横にサイドターンランプが装着されている車種などもありますが、どちらか一方が装着されていればOKです。ドアミラーウインカーの普及とともに、サイドターンランプは数を減らしていきました。

 では、ドアミラーウインカーにはどのようなメリットがあるのでしょうか。日産は4代目「シーマ」発表当時の資料で、「ななめ後方のオートバイなどからの自車の右左折を認知しやすくする」としていますが、このドアミラーを開発した市光工業(神奈川県伊勢原市)にさらに話を聞きました。

――ドアミラーウインカーにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 サイドターンランプが車両幅方向において最も外側にレイアウトされるので、第三者が視認しやすい位置といえます。また、サイドターンランプを単独でボディ両側に取り付けるのと異なり、ミラーと一体にデザインできるので意匠のうえで優位性があるでしょう。

 ほかに、車両メーカー側のメリットとして、ハーネスの配策(電線類の配置)があります。ボディー付けサイドターンランプの場合、このためだけに車両側のハーネスが必要ですが、ドアミラーにはもともと、電動格納や鏡面電動、ヒーターといった電気的な機能を担うためのハーネスが配策されており、ここにターンランプのぶんを追加するだけで対応できるのです。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180706 doormirror 03
  • Thumbnail 180706 doormirror 01
  • Thumbnail 180706 doormirror 02

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 救急車なんてライト上向きで来るもんで特に初代エルグランドなんてウインカーの光が分からないのですよ
    初代セルシオのような分かりやすいバンパー埋め込み式ウインカーが一番認識しやすいのですがね
    結局はコストの問題で旧型に装備されていた装備が新型と呼ばれる同じ下駄の化粧直しの型は装備が省かれたりで
    、ディスチャージやドアミラーですら日本のお役所がよくGOサインを出したもんだな~と今でも思うし?

    • なんでも規制では先に進まない
      同然の判断なのでは?

      一時期マフラーの規制が緩くなった時に騒音対策がガバガバに成った経緯があるからね。
      また規制強化されて今に至るし

    • 同僚がトヨタの小型車に乗ってたが
      ドアミラーのウインカーが暗いところで光るとミラーが見えない。
      と言ってましたね。
      確かに光源が拡散するように妙にウインカーカバーが盛り上がったデザインにしてる車種もありましたよね。