列車の「開かない窓」なぜ増えた? 技術の発展が変えた窓の役割

かつては新鮮な外気を取り込むために、乗客が列車の窓を適宜開け閉めしていましたが、近年ではそうした習慣はなくなり、一部を除き窓が開かない車両も増えています。

大きく3つある窓の役割

 列車の窓を開けたことがないという人も、今では珍しくないのではないでしょうか。

Large 180820 window 01
大窓を分割して一部を開閉できるように改造したJR東日本の通勤形車両。現在は209系2100番台として房総各線で使われている(2013年4月、草町義和撮影)。

 鉄道車両の冷房化は概ね80年代から90年代にかけて完了します。それまでは夏は窓を開けて車内に風を通していました。冷房車であっても、冷房を使用するのは夏だけで、それ以外の季節は窓を開けることも珍しくありませんでした。

 現在では、わざわざ窓を開ける人は見かけませんし、そもそも開かない窓も増えています。列車の窓の役割は、どのように変化してきたのでしょうか。

 建築物の窓には、大きく分けて眺望、採光、通風の3つの役割があります。鉄道車両の窓の役割も基本的には同様です。

眺望

 眺望つまり外の景色を眺める機能は、移動を前提とした鉄道車両においては特に重要です。それは車窓の景色を楽しむことだけではありません。案内装置が普及する以前の鉄道においては、窓から入ってくる情報が現在地を把握するための唯一の手段でした。

 たとえば、1927(昭和2)年に登場した日本初の地下鉄車両は、トンネル内を走るため景色が見えないからこそ、どこの駅に到着したのか分かりやすいように大きな窓を備えていました。車内放送や車内ディスプレイなど様々な案内装置が普及した今でも、まずは窓の外の景色から現在地を判断するという人は少なくないはずです。

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180820 window 05
  • Thumbnail 180820 window 01
  • Thumbnail 180820 window 02
  • Thumbnail 180820 window 03
  • Thumbnail 180820 window 04

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

8件のコメント

  1. 下降窓は開閉に存外ちからが必要だし、すれ違いなどの風圧でバタついてうるさい。
    今はないが東横線8000系急行などひどかった。
    海外の車両のように、窓の上部1/3程度が内側に倒れ込むのはどうか?
    顔を出せないし安全で良いと思う。

    • 内折れ式窓は日本では向かない構造だったり。
      解りやすいのが313系と同じ車体構造のキハは25系。
      車端の窓少し開くだけど、
      トンネルに高速で突っ込んで行った場合など、
      勝手に自動開閉窓状態。

      223系は知ってか知らずか非常時に限ると。
      知っていたのであれば納得の結果論…

  2. 113系の二段窓が全開できたことなど、今なら信じられないですね。
    窓の開く特急電車、185系ももうすぐ置き換えされるから、今のうちに乗っておきたいです。

  3. 209系で~。
    実はこれ最初にやったのは、
    京急800形と…。

    よくよく考えると、
    定山渓鉄道の方が元祖かというはなしに。

    定鉄は空調装置を忘れると言う致命的欠陥を抱えていたけど、
    3事例に共通するのが、
    (何らかの事情で)窓開けてくれ~。
    に対処出来なかったこと。

    なぜか歴史は繰り返す。
    を表してしまうと。

    • 京急800形は昭和55年製から下降窓増やしたが、非常時の窓開閉の必要性より前年からの第2次オイルショックにより冷房使用期間短縮などの省エネ対策によるため。

    • >通勤電車の「常識」を変えたのは、1993(平成5)年に登場したJR東日本の209系電車です。
      既に出ているが209系よりも15年前からありますね。
      通勤電車なら京急800形と、1ヶ月違いで出た北総7000形です。

  4. 1ページの写真と同じく東武も50050系で後から窓開けれるように改造したな

  5. 現在、通勤電車で今でも固定窓なのは、つくばエクスプレス車両だけですが、いずれは開閉窓に改造してほしいです。東武50000系グループの初期車両も6〜7年前迄は固定窓でしたが、2012年度末期迄にJRの様な開閉窓に改造されました。現在は一般的な二分割式1段窓となってます。