ロシア最新鋭戦闘機Su-35、日本海で初確認 防衛省

2014年に運用が開始されたロシアの最新鋭戦闘機Su-35が、日本海で初めて確認されました。「Su-35」を名乗る戦闘機としては2代目にあたります。

首脳会談の一方で…

 2018年9月19日(水)、ロシア沿海部から日本海を南下して接近する3機のロシア軍機に対し、航空自衛隊の戦闘機がスクランブル発進しました。このロシア軍機はSu-27戦闘機、Su-24戦術偵察機、機種不明機でいずれも敵対行動、領空侵犯することなく引き返していったと、19日に防衛省は発表しましたが、20日になって詳細に分析したところ、Su-27とされていた機について、Su-35であったと訂正しました。

Large 180920 su35 01

拡大画像

日本海で初めて確認されたロシア最新鋭機、Su-35(画像:航空自衛隊)。

 Su-35が航空自衛隊のスクランブルで確認されたのは初めてのことです。報道発表された写真もやや不鮮明ですが、翼端に電子戦用と思われるポッドが付いているのがSu-27との相違点で、Su-35にしか装備できません。

 Su-35はSu-27を発展させた機体で、最新鋭の第4++世代機に相当します。2014年に運用開始されましたが、まだ輸出用を含めても84機しか生産されていないといわれています。その希少な最新鋭機が、戦術偵察機をともなって初めて「日本海デビュー」を果たしたわけです。

 先の9月10日(月)には極東のウラジオストクで、安倍首相とプーチン大統領が22回目の顔合わせとなる首脳会談を行い、北方領土と平和条約締結問題が話し合われています。ロシア軍の動きと合わせ気になるところです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180920 su35 02
  • Thumbnail 180920 su35 01

関連記事

最新記事

コメント