品川新駅周辺に高層ビル4棟 宿泊、居住、文化施設など整備へ JR東日本

JR東日本が「品川開発プロジェクト(第1期)」の計画概要を発表。線路に沿って、南北にビルが建ち並びます。

工期は2019年度~2024年度

 JR東日本は2018年9月25日(火)、品川駅北側や品川新駅(仮称)周辺で進めている「品川開発プロジェクト(第1期)」の都市計画手続きが開始されたことから、その計画概要を発表しました。

Large 180925 jreshinagawa 01
品川駅北側や品川新駅(仮称)周辺で計画されている「品川開発プロジェクト(第1期)」の位置図(画像:JR東日本)。

 東京都港区の港南二丁目、芝浦四丁目、高輪二丁目、三田三丁目にまたがる約9.5ヘクタールの敷地(都市再生特別地区)に、北から「1街区」「2街区」「3街区」「4街区」を設定。1街区と3街区、4街区は高さ約164m~173m(地上30階~45階)の高層ビルが建てられます。

 1街区は地上45階・地下3階で、居住施設(約860戸)やインターナショナルスクール、多言語対応の子育て支援施設などを整備。2街区は地上6階・地下4階で文化創造施設が、泉岳寺駅に最も近い3街区は業務、商業、生活支援などが入ります。新駅に直結する4街区は、北棟と南棟に分かれ、業務、商業、「国際水準の宿泊施設」(JR東日本、約200室)、カンファレンスなどの施設が入ります。

 新駅と4街区の北棟・南棟に囲まれた場所は約6500平方メートルの歩行者広場を整備。その下の地上レベルには、路線バスやタクシーなどが乗り入れる交通広場が設けられます。このほかにも広場やデッキは、南北に連続して整備され、新駅や泉岳寺駅などと一体的につながる空間が創出されます。また、新駅から東側へは、線路をまたぐ長さ約240mの歩行者専用通路が造られます。

 防災機能として、約1万人を収容できる一時滞在施設を整備。環境負荷低減策として、隣接する東京都下水道局の芝浦水再生センターと連携し、下水処理水を活用した熱利用システムを構築するなどの取り組みを行います。

 新駅は2020年春に暫定開業し、2024年度に本開業する予定。1街区から4街区は、2019年度から2024年度にかけて整備される計画です。今後、東京圏の国家戦略特別区域の特定事業として、東京都および港区の都市計画審議会、国家戦略特別区域会議などを経て、内閣総理大臣による認定を受けるべく手続きが進められます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180925 jreshinagawa 02
  • Thumbnail 180925 jreshinagawa 03
  • Thumbnail 180925 jreshinagawa 04
  • Thumbnail 180925 jreshinagawa 01

関連記事

最新記事

コメント