宮古~室蘭航路、南下便は新たに八戸寄港 週イチの運休日も設定

川崎近海汽船「シルバーフェリー」の宮古~室蘭航路がダイヤを改正。宮古行きの南下便が、新たに八戸港に寄港します。また週1日の運休日が設定されます。

10月6日にダイヤ改正

 川崎近海汽船は2018年9月28日(金)、「シルバーフェリー」の、岩手県の宮古港と北海道の室蘭港を結ぶ航路のダイヤを10月6日(土)に改正し、南下便(宮古行き)を新たに八戸に寄港させると発表しました。

Large 181001 mykmrrnhcnh
2018年6月22日、宮古港を出発した宮古~室蘭航路の第1便(画像:岩手県)。

 宮古~室蘭航路は今年の6月に開設。フェリー「シルバークィーン」が両港を1日1便で結んでいます。現行の所要時間は南下便、北上便(室蘭行き)ともにちょうど10時間です。

 今回のダイヤ改正は「さらなるサービス向上のため」といいます。新ダイヤは次のとおりです。

●新ダイヤ(10月6日室蘭発から)
・南下便:月~土発
室蘭20時50分発→八戸翌3時30分着・4時00分発→宮古7時55分着
・北上便:火~日発
宮古9時25分発→室蘭19時25分着(八戸は寄港せず)

 現在は南下便、北上便とも毎日運航ですが、新ダイヤでは日曜の室蘭発と、月曜の八戸発、宮古発は毎週運休します。また、八戸港は第1フェリーバースを発着します。

 室蘭→八戸間の片道旅客運賃は特等1万1750円、1等9400円、2等寝台B6000円、2等4700円。八戸→宮古間は特等7750円、1等6200円、2等寝台B4400円、2等3100円です。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to 二十歳で工場長 Cancel reply

2件のコメント

  1. 他の新造船ではなく同社の中堅とも言えるシルバークイーンが室蘭航路に抜擢されたのは航行速力の関係でしょうかね?
    しかしながら別の記事にもあるようにROROに加えて昔のように室蘭から客室扱いのあるフェリーが復活したことは大歓迎ですね
    かつては室蘭と仙台を結んでいた時代のシルバークイーンクラスのフェリーが続々と航路廃止と共に青函航路に転配されたときは短距離に豪華船の喜びよりも悲しさがありましたが、海運が見直されてきた最近では物流ドライバーの法令厳守の課題も追い風になり更に充実された航路が開設されればいいと思います。

  2. 結局宮古側の道路整備がまだなので需要が思ったほど無い。八戸寄港も苦肉の策。
    トラック重視のダイヤ改正で旅客に影響が出ます。室蘭側では接続交通機関が無くなりました。道南バスの白鳥号は既に終了している時間。JRまで歩いても札幌着は22時過ぎます。
    接続バスが改善されるまで「札幌宮古なかよしきっぷ」も発売中止になるかもしれません。宮古側も県北バスの接続が無くなります。急なダイヤ変更で戸惑っていると思います。