敦賀~博多貨物定期船で物流は変わるか 海上輸送の欠けた1ピース、近海郵船の勝算は

敦賀~博多間にRORO船の定期航路が新設されます。両港が定期船で結ばれるのは初めてのことです。これにより日本海側に九州~本州~北海道を結ぶ貨物航路ができますが、勝算はあるのでしょうか。中継点となる敦賀の立地がカギになるかもしれません。

日本海側定期航路の「ミッシングリンク」

 日本郵船グループの海運会社である近海郵船(東京都港区)は、2019年4月より敦賀港(福井県)と博多港(福岡県)を結ぶRORO船(旅客を乗せず、貨物を積んだトレーラーやトラックが自走でそのまま乗降できる貨物船。基本的にドライバーは同乗しない)の定期航路を新設します。2018年9月現在、日本海側で本州と九州を結ぶ航路はなく、就航すれば敦賀港を中継点とした、北海道と九州を結ぶ日本海側の海上輸送ルートが誕生することになります。

Large 180927 roro 01

拡大画像

近海郵船のRORO船「ひだか」。敦賀~苫小牧航路で運航されている(画像:近海郵船)。

 日本海側で本州と九州を結ぶ定期航路が運航されるのは、2006(平成18)年12月以来、13年ぶりになります。それまでは、かつての九越フェリー(のち東日本フェリー)が1996(平成8)年に開設した博多~直江津(新潟県)航路、1998(平成10)年より運航開始された博多~直江津~室蘭(北海道)航路のフェリー便がありました。博多~直江津間は多い時で週6便、室蘭まで航路延長後は週3便が運航されていたとのことです。

 就役していたのは「れいんぼうべる」「れいんぼうらぶ」などのフェリーで、旅客と貨物(トラックやトレーラー)を取り扱っていました。2006年、運航会社の事業整理などにより航路が休止され、のちに運行会社が解散すると航路も廃止になり、以来、日本海側で本州と九州をつなぐ航路はありませんでした。

 ちなみに就役していた船および航路が映画『白い船』(2002〈平成14〉年公開)のモデルになったほか、「れいんぼうべる」は他社へ売却されたのち、映画『LIMIT OF LOVE 海猿』(2006年公開)の撮影に使用されたことでも知られています。

 今回の敦賀~博多航路は、13年間失われていた日本海側で本州と九州を結ぶルートであり、かつ、敦賀と博多を結ぶ初めての定期航路でもあります。これについて福岡市港湾空港局物流推進課の担当者は「敦賀側とも積極的に情報交換し、この新しい航路を両港で連携してPRしていこうという動きがあります」と話します。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 素人ですが。

    西日本豪雨災害(平成30年7月豪雨)で高速道路が寸断された実例も有りますし、今後の発展に期待したいです。

  2. らぶ、べるの後継のニューらぶ、ニューべるも客室を簡素化したRORO寄りの生き残り作戦で同九越、東日本の日本海航路に就航しましたが合理化の並みには勝てずに、さんふらわあ商標の大洗、苫小牧の深夜便に転属されましたね。
    不幸にも転属先の会社の航路では火災に見舞われましたが道内の造船所にて修復工事を経て復活しました。
    確かに言われるほど日本海は荒天ばかりではなく逆に好天でも通年うねっている太平洋側より計画はたてやすいのではないでしょうか
    日本海側から道内を航路の直線で結べば太平洋側より優位なのは確かでしょうね
    例えば新日本海フェリーの舞鶴と小樽航路は高速フェリーを用いることで所要20時間を実現しましたし、列車にしても昔は大阪と青森を直通する昼と夜の列車がありました。
    また、海のバイパス構想で発足した瀬戸内海航路などは春先の濃霧はあるものの通年時化も少なく安定輸送と言うところでは道路にひけをとらない輸送手段だとおもいますね。
    課題としては互いの手段が気象や災害に影響を受けた時の振り替え輸送の提携の問題でしょうかね