新大久保駅に「食」の交流拠点 2020年夏開設へ JR東日本

JR東日本が、山手線を起点にまちと個性を引き出し、駅・人・まちをつなげていく取り組みの一環として、新大久保駅に「食」をテーマにした交流拠点を開設します。

シェアダイニングで食事会や時間限定レストランなど

 JR東日本は2018年10月15日(月)、山手線の新大久保駅(東京都新宿区)に、新しい食文化を想像することを目的とした交流拠点を開設すると発表しました。

Large 181015 jreyamatekandosen 01
交流拠点に設けるシェアダイニングのイメージ(画像:JR東日本)。

 JR東日本が山手線を起点に、「東京感動線/TOKYO MOVING ROUND」のコミュニケーションワードのもと、まちの個性を引き出し、まちや人が有機的につながる都市生活空間をつくり上げていくプロジェクトを始動させます。今回の取り組みはこの一環です。

 新大久保駅周辺は、外国人居住者が多く、海外の料理を提供する飲食店も多く存在します。

 JR東日本は駅に隣接するビルに約180平方メートルのシェアダイニングを開設。食事会やイベントをはじめ、時間限定のレストランなどに使えるようにします。また、約300平方メートルのコワーキングスペースも設け、食に関わる人々の仕事や会議の場、ケータリングサービスの調理場などとしても使えるようにします。開業は2020年夏の予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント