車内でゆっくりフレンチを 観光列車「ことこと列車」2019年デビュー 平成筑豊鉄道

平成筑豊鉄道が、観光列車「ことこと列車」を運行へ。車内にキッチンを設け、車内でフランス料理を楽しめます。

デザインは水戸岡鋭治さん

 福岡県内を走る第三セクターの平成筑豊鉄道は2018年10月29日(月)、観光列車の名称を「ことこと列車」とし、2019年3月から運行すると発表しました。

Large 181030 heichikucotocoto 01
「ことこと列車」のロゴや車両外観のイメージ(画像:平成筑豊鉄道)。

 列車は2両編成。デザインはJR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」などを手掛けた工業デザイナーの水戸岡鋭治さんが担当しました。

 定員は48人とし、車内には4人掛け・2人掛けのテーブル席や2人掛けのソファ席が並びます。1号車にはキッチンも設け、沿線の農産物を活用したフランス料理のランチを提供します。

「ことこと列車」は週末を中心に、行橋~直方間で年間約120本が運転される予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント