特急「あずさ」新型E353系どこが優れているのか? 斬新、高機能、速度向上担うホープ(写真51枚)

中央本線の特急「スーパーあずさ」などで使われている新型車両のE353系が鉄道車両顕彰の「ローレル賞」を受賞。松本駅で記念式典が行われました。E353系はどのような理由から優秀な車両とされて受賞したのでしょうか。

「スピードアップを担うホープ」として評価

 JR東日本の長野支社は2018年11月3日(土・日)、E353系特急形電車が「ローレル賞」を受賞したことを受け、記念式典を松本駅で開催しました。

Large 181102 e353laurel 01

拡大画像

ローレル賞を受賞したE353系(2018年11月3日、草町義和撮影)。

 E353系はJR東日本の中央本線などを走る新型の特急車両です。1993(平成5)年にデビューしたE351系特急形電車に代わる車両として計画され、2015年に量産先行車が完成。のちに量産化され、2017年12月から特急「スーパーあずさ」の一部で営業運転が始まりました。本格的な営業運転開始は2018年3月からで、全ての「スーパーあずさ」がE353系に統一。7月からは特急「あずさ」「かいじ」の一部でも使われています。

 記念式典は11時30分ごろから、松本駅の1番線ホームで開催。友の会の久保聡副会長が長野支社の伊藤悦郎支社長に表彰状を手渡しし、E353系の新宿行き特急「あずさ16号」が12時ちょうどに発車するのにあわせ、くす玉が割れました。

 ローレル賞は鉄道趣味団体「鉄道友の会」が毎年1回、前年中に本格的な営業運転を開始した新車や改造車のなかから選んでいる賞です。これ以外に「ブルーリボン賞」という賞も毎年1回選定していますが、ブルーリボン賞は友の会の会員の投票結果に基づき選定されているのに対し、ローレル賞は会員の投票結果を参考に技術面などで注目点がある車両を選考委員会が審議して選んでいます。

 E353系は何が評価されてローレル賞に選ばれたのでしょうか。友の会は「斬新なデザインと高機能を備え、急曲線線区のスピードアップを担うホープであることを高く評価」したとしています。

 まず「斬新なデザイン」としては、LEDのヘッドライトを縦2列に配置した先頭部などが挙げられます。一方で車体の色は「先代」E351系で使われていたバイオレットなどを使用。伝統の継承も意識していることがうかがえます。客室内の照明はLED方式が採用されました。

この記事の画像をもっと見る(51枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181102 e353laurel 03
  • Thumbnail 181102 e353laurel 44
  • Thumbnail 181102 e353laurel 45
  • Thumbnail 181102 e353laurel 46
  • Thumbnail 181102 e353laurel 47
  • Thumbnail 181102 e353laurel 48
  • Thumbnail 181102 e353laurel 49
  • Thumbnail 181102 e353laurel 50
  • Thumbnail 181102 e353laurel 51
  • Thumbnail 181102 e353laurel 04
  • Thumbnail 181102 e353laurel 05
  • Thumbnail 181102 e353laurel 06
  • Thumbnail 181102 e353laurel 07
  • Thumbnail 181102 e353laurel 08
  • Thumbnail 181102 e353laurel 09
  • Thumbnail 181102 e353laurel 10
  • Thumbnail 181102 e353laurel 11
  • Thumbnail 181102 e353laurel 12
  • Thumbnail 181102 e353laurel 13
  • Thumbnail 181102 e353laurel 14
  • Thumbnail 181102 e353laurel 15
  • Thumbnail 181102 e353laurel 16
  • Thumbnail 181102 e353laurel 17
  • Thumbnail 181102 e353laurel 18
  • Thumbnail 181102 e353laurel 19
  • Thumbnail 181102 e353laurel 20
  • Thumbnail 181102 e353laurel 21
  • Thumbnail 181102 e353laurel 22
  • Thumbnail 181102 e353laurel 23
  • Thumbnail 181102 e353laurel 24
  • Thumbnail 181102 e353laurel 25
  • Thumbnail 181102 e353laurel 26
  • Thumbnail 181102 e353laurel 27
  • Thumbnail 181102 e353laurel 28
  • Thumbnail 181102 e353laurel 29
  • Thumbnail 181102 e353laurel 30
  • Thumbnail 181102 e353laurel 31
  • Thumbnail 181102 e353laurel 32
  • Thumbnail 181102 e353laurel 33
  • Thumbnail 181102 e353laurel 34
  • Thumbnail 181102 e353laurel 35
  • Thumbnail 181102 e353laurel 36
  • Thumbnail 181102 e353laurel 37
  • Thumbnail 181102 e353laurel 38
  • Thumbnail 181102 e353laurel 39
  • Thumbnail 181102 e353laurel 40
  • Thumbnail 181102 e353laurel 41
  • Thumbnail 181102 e353laurel 42
  • Thumbnail 181102 e353laurel 43
  • Thumbnail 181102 e353laurel 01
  • Thumbnail 181102 e353laurel 02

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. いい車両と思うが、顔は成田エクスプレスE259系の方がよかったかな…

  2. >E353系の傾斜角度は最大1.5度でE351系(5度)より小さいですが、E351系と同等の速度でカーブを走れる

    これがなぜ可能なのかさっぱり分かりません。傾斜角度が小さいのに同じ速度で走るならカント不足の打消しを必要量の3割しかおこなえないのではないでしょうか。乗客に不快な横Gを我慢させる結果にならないのでしょうか。