2年目の北海道新幹線、99億の赤字に 開業ブームひと段落 札幌圏路線は収支改善

JR北海道が2017年度の線区別収支状況を発表。北海道新幹線は開業ブームが落ち着いたことで営業収益が減少しました。

新幹線の営業収益は約20億円減

 JR北海道は2018年11月9日(金)、各鉄道線区の2017年度における収支状況を発表。北海道新幹線は2016年3月の開業ブームが落ち着いたことなどで、営業収益が2016年度に比べ約20億円減少したことが分かりました。

Large 181109 jrhsyushi 01
青函トンネルをくぐり本州と北海道を結んでいる北海道新幹線(画像:photolibrary)。

 今回発表された2017年度における北海道新幹線(新青森~新函館北斗)の営業収益は96億7900万円で、営業費用(管理費含む)は195億5600万円。営業損益(同)はマイナス98億7700万円でした。

 100円の営業収益を得るために必要な営業費用の指数を「営業係数」といいます。北海道新幹線の2017年度の営業係数(管理費含む)は202円です。つまり、100円の収益を得るために、202円の経費を要した計算になります。なお、2016年度の営業係数は146円です。

 北海道新幹線では、開業ブームがひと段落して営業収益が減少。さらに営業費用は、本格化した車両検査や青函トンネル内の老朽設備の更新費用などで増加しているといいます。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181109 jrhsyushi 02
  • Thumbnail 181109 jrhsyushi 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 北海道新幹線も鉄道会社が欲していたというよりも交通政策的に整備建設された路線。そのため、「赤字」であるならば社会的な補助を出すような考え方もあっていいと思う。JRはあくまでも鉄道を運営する役割、みたいな感じで。 赤字だから要らない子 的な主張はもうやめてほしい。

    • この類いは業界各々で衣を上手く着こなしただけの実質勝算の無い他人の褌相撲の氷山の一角ですからね
      補助も大切ですが逆に数合わせの補助目当だけで物ばかりが肥大化して空気ばかりを運んでるアホな現実もありますしね。
      己等が苦しくなりゃ早速に路線廃止で切り捨てた弱者を持ち出して赤字路線の維持が困難になるとか?ETC1000円の時の減収危機に早々に二枚舌乱発させたのはこの業界でしょうに?
      せめて北側から開業してりゃ面子も保てたろうに