宇野線全線に「ICOCA」エリア拡大 2019年春サービス開始 JR西日本

JR西日本が、宇野線の彦崎~宇野間に、ICカード「ICOCA」のサービスを導入します。

彦崎~宇野間の7駅に導入

 JR西日本は2018年11月30日(金)、ICカード「ICOCA」のサービスを、宇野線(宇野みなと線)の彦崎~宇野間に導入すると発表しました。

Large 181130 jrwunoicoca 01
「ICOCA」エリアが宇野線の彦崎~宇野間に拡大(画像:JR西日本)。

 今回エリアが拡大するのは、彦崎、備前片岡、迫川、常山、八浜、備前田井、宇野の7駅です。「ICOCA」をはじめとした交通系ICカードが使えるようになります。

 利用開始は2019年春の予定です。なお、宇野線の岡山~茶屋町間や、接続する本四備讃線(瀬戸大橋線)の茶屋町~児島間などは、すでに「ICOCA」エリアに含まれています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. そのまま四国にまで版図を拡げてくれたら漢らしいんだが