同じ路線で数字だけ違う「大正〇号」バス停が21か所も! 北海道ならではのバス停事情

「大正9号」「大正10号」「大正11号」……番号だけが異なる名前のバス停が連続する路線が北海道に存在します。そこには、北海道ならではのバス停事情があるようです。

16分のあいだに21か所の「大正○号」バス停

 路線バスでは、「〇〇1丁目」「〇〇2丁目」といったように、同じようなバス停名がいくつも存在することがあります。なかには、同路線でこうしたバス停名が20か所以上あるケースも。

Large 181213 taisho 01

拡大画像

「大正11号」の1分後に「大正12号」、その1分後に「大正13号」に到着。「大正9号」から「大正17号」まで連続する(画像:十勝バス)。

 たとえば、北海道のJR帯広駅から南へ、約2時間半かけて広尾町までを結ぶ十勝バス広尾線。この路線では「大正9号」「大正10号」……と、複数の「大正〇号」バス停が連続します。

 帯広駅バスターミナルを6時2分に発車する始発のバスに乗車すると、「大正○号」連続区間に差し掛かるのは6時36分。最初のバス停名は「大正9号」です。1分とかからず、同じ36分に次のバス停である「大正10号」に到着します。

 続く37分には「大正11号」、38分には「大正12号」と1分おき、ないしは1分以内に「大正17号」まで通過。するとようやくバス停名に変化が表れ、43分に「大正本町」「大正」を通過します。しかし、44分からは再び「大正18号」「大正19号」と数字順に。「大正27号」まで進むと、やっと「大正」ではないバス停「幸福」に到着しますが、その後またも「大正29号」「大正30号」が続きます。

「大正30号」の到着時刻は6時51分。6時36分の「大正9号」からわずか16分のあいだに、21か所もの「大正○号」があるのです。

この記事の画像をもっと見る(6枚)

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 大正の年数より多い(笑)

  2. 北海道以外の都市部でも、「○○団地第一」~「○○団地第七」みたいに連番になるのはそう珍しいことでもないような