陸自向け新多用途ヘリUH-Xが試験飛行開始 防衛装備庁への納入は2018年度末 スバル

スバルは、かねてより開発中だった陸上自衛隊向けの多用途ヘリコプターについて、試験飛行を開始、2018年度末の納入を目指します。

陸自向け新多用途ヘリ、空へ

 スバルは2018年12月25日(火)、同社航空宇宙カンパニー宇都宮製作所(栃木県宇都宮市)において開発中である、陸上自衛隊向け新多用途ヘリコプター(UH-X)試作機の飛行試験を開始したと発表しました。同日14時50分、スバルのテストパイロットによる操縦で宇都宮飛行場(陸上自衛隊北宇都宮駐屯地)を離陸し、周辺空域おいて約55分の社内飛行試験を行ったのち、同飛行場へ着陸したとのことです。

Large 181225 uhx 01
飛行試験中の、陸上自衛隊向け新多用途ヘリコプター試作機(画像:スバル)。

「陸上自衛隊向け新多用途ヘリコプター」は、ベル・ヘリコプター・テキストロン社(アメリカ)と共同開発した、民間向け最新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」をベースとし、防衛装備庁とのあいだで締結した試作請負契約により、陸上自衛隊向けに開発中の機体です。今後、2018年度末の防衛装備庁への納入に向け、引き続き各種の社内飛行試験を実施するとのことです。

 スバルは、「宇都宮製作所内に陸上自衛隊新多用途ヘリコプターおよび『SUBARU BELL 412EPX』用の新たな製造ラインを構築して量産体制を整え、防衛事業の推進と、海外を含む民間ヘリコプター市場での販売拡大に邁進します」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181225 uhx 02
  • Thumbnail 181225 uhx 01

最新記事

コメント