銀色の新型特急001系「ラビュー」、3月16日運行開始 西武

西武鉄道が、新型特急用車両である001系電車「ラビュー(Laview)」の営業運転開始日を発表。特急「ちちぶ」「むさし」として、池袋~飯能・西武秩父間を走ります。

特急「ちちぶ」「むさし」として運転

 西武鉄道は2019年1月29日(火)、特急用の新型車両である001系電車「ラビュー(Laview)」を、3月16日(土)のダイヤ改正から運行すると発表しました。

Large 190129 seibulaview 01  1
新型車両の001系電車「ラビュー」(画像:西武鉄道)。

 特急「ちちぶ」「むさし」として、池袋~飯能・西武秩父間を走ります。途中停車駅は従来と同じく、所沢・入間市・飯能・横瀬です。特急料金も現在と同額で、池袋~西武秩父間は700円、池袋~飯能間は500円です。

 特急券は2月16日(土)朝7時から、インターネット予約サービスや主要駅などで発売されます。

 001系「ラビュー」は、西武が「いままでに見たことのない新しい車両」の実現を目指して開発した特急電車です。基本デザインは建築家の妹島和世さんが監修。車内のテキスタイル(布地)はデザイナーの安東陽子さん、照明デザインは照明家の豊久将三さんがそれぞれ担当しました。車両の先頭形状は球面で、前面ガラスは国内初という曲線半径1500mmの三次元曲面ガラスを採用。塗装仕様のアルミ車体とすることで「都市や自然のなかでやわらかく風景に溶け込むデザイン」の実現を目指したといいます。

 2018年度から、池袋線・西武秩父線で運行している10000系「ニューレッドアロー」の置き換えを開始し、2019年度中にすべての編成が001系「ラビュー」に変わる計画です。

 西武鉄道は「次の100年に向かって走り出すフラッグシップトレイン『Laview』で、今までにない新しい西武線の旅をどうぞお楽しみください」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190129 seibulaview 02
  • Thumbnail 190129 seibulaview 01  1

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 噂によると10000系の一部が新宿線に転用されて「小江戸」増発に使われるらしい。
    s-trainも一部はラビューに置き換える噂があるから拝島ライナー車両に転用もあり得るかと。