西日本豪雨で被災の原田線、3月9日に運転再開 JR九州

約8か月ぶりに運転を再開!

Large 190207 jrqharudasen 01
筑豊本線の上穂波~筑前内野間では築堤が崩壊した。写真は2018年7月の被災直後の状況(画像:JR九州)。

 JR九州は2019年2月7日(木)、災害で不通が続いている福岡県内の筑豊本線 桂川~原田間(20.8km、原田線)について、3月9日(土)に運転を再開すると発表しました。

 この区間は、西日本豪雨で線路の築堤が崩壊するなどの被害が生じ、2018年7月6日から運転を見合わせています。現在は、バスによる代行輸送が行われています。

 3月9日(土)は始発列車から運転を再開。平日は8往復、土休日は9往復が運転されます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 自然災害が原因で鉄軌道路線が廃止になったり「BRT」にならないようなさらなる制度改正がほしいところです。 もちろん原田線区間の復旧についてはほっとしています。

    • BRT化した東北各線や日立・鹿島は順調ですねえ
      鉄道至上主義者ってどうして全員揃ってアタマが硬いんでしょうなあ

  2. 営業係数的に、BRTによる運転再開になるのかと思ったが。。。とりあえずは鉄道での再開か。
    日田彦山線ほどの被害がなかったからだろうか。。。