「川越特急」東武東上線に誕生 川越がテーマの「池袋・川越アートトレイン」で出発!

東武東上線に特急料金不要の新種別「川越特急」が登場。これを記念して東武鉄道が池袋駅で「川越特急」の出発式を開催しました。下り1番列車は、50090型電車の「池袋・川越アートトレイン」です。

池袋から川越まで最短26分

 2019年3月16日(土)、東武東上線でダイヤ改正が実施され、新種別「川越特急」の運転が始まりました。

Large 190316 tobu 01

拡大画像

「池袋・川越アートトレイン」の車両で運転を開始した東武東上線の新種別「川越特急」(2019年3月16日、伊藤真悟撮影)。

 この日午前、東武鉄道が池袋駅(東京都豊島区)で「川越特急 出発式」を開催しました。東武鉄道 鉄道事業本部長の都筑 豊さんは「東武鉄道の『川越特急』に乗車いただいて、快適性、速達性を肌で感じていただきたい」と挨拶。一部の「川越特急」車内で川越観光を案内する「川越特急コンシェルジュ」の紹介もありました。

「川越特急」の下り1番列車は、池袋駅管区長の出発合図により10時11分に川越方面の小川町に向けて出発しました。使われた車両は、川越をテーマとした50090型のラッピング電車「池袋・川越アートトレイン」です。

 新種別「川越特急」は、土休日に下り2本と上り4本、平日に下り2本と上り3本運転。池袋駅と川越駅(埼玉県川越市)とのあいだを最短26分で結びます。車両は有料座席指定列車「TJライナー」などと同じ50090型電車です。座席は「TJライナー」と同様、一部を除き進行方向を向いたクロスシートの状態ですが、特急料金は不要。運賃だけで乗車できます。

【了】

【写真】車両前面に「川越特急」ロゴ

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190316 tobu 02
  • Thumbnail  b4a3336
  • Thumbnail  b4a3354
  • Thumbnail  b4a3364
  • Thumbnail  b4a3379
  • Thumbnail 190316 tobu 01

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント