地下鉄直通の20000系、改造後は日光線・宇都宮線へ 東武2018年度設備投資計画

東武鉄道が2018年度の設備投資計画を発表。70000系電車を増備し、現行の20000系電車はリニューアルののち日光線や宇都宮線で再デビューします。

野田線・六実~逆井間は複線化工事を継続

 東武鉄道は2018年4月27日(金)、今年度における設備投資計画を発表。鉄道事業において総額360億円の設備投資を行います。

Large 180427 tobusetubitoshi 01
20000系電車のリニューアル後イメージ(画像:東武鉄道)。

 車両は、東京メトロ日比谷線直通用の70000系電車が新たに6編成(42両)増備されます。2019年度までに計22編成(154両)の導入が計画されており、これにより現行の20000系電車はすべて70000系に置き換わります。

 20000系はワンマン化工事や内外装リニューアルが行われ、新たな車両として2018年夏をめどに、日光線の南栗橋駅以北や宇都宮線でデビューする予定です。

 東武アーバンパークライン(野田線)は、引き続き六実~逆井間約3.9kmの複線化工事を推進。2018年度は軌道移設工事などが計画されています。2019年度末の複線化完成後は、船橋~運河間で急行列車の運転が開始される予定です。

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180427 tobusetubitoshi 05
  • Thumbnail 180427 tobusetubitoshi 01
  • Thumbnail 180427 tobusetubitoshi 02
  • Thumbnail 180427 tobusetubitoshi 03
  • Thumbnail 180427 tobusetubitoshi 04

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 6050系もいよいよ“終着”かな。

  2. 相変わらず東上線への投資はパッとしない…。
    川越市以北での人身事故でも池袋〜小川町60kmが全部止まるのを、折り返し設備の増強などでいい加減何とかして欲しいものだが。
    和光市付近の電車を止めると和光市駅のホームがパンクして地下鉄や東急東横線にまで大迷惑がかかる。
    志木まで動かせば武蔵野線への迂回が出来、
    和光市がパンクしなくなるから複々線区間だけでも動かす方策を練ってほしい。

    • それは東武鉄道さんに直接ご意見されてください。

  3. これで本当に8000系も淘汰されてしまうんだろうけど、もう最終編成からでも35年。。。時代の流れを感じる。